A 4:1 balun, homebrew

2007/10/14

 

“ A 4:1 balun I homebrewed”

 

Last month my 40m loop antenna indicated a high SWR.  I checked the antenna to find where it went wrong.  I checked the loop antenna, the 450 ladder line, the balun, the coax antenna switch and the 50 ohm coax cable into the house.  Then, I finally found the balun was not working right.  The balun was commercially made and I have been using it for about five years.

 

I decided to make one myself because I had a toroidal core for it and I needed to quickly fix the high SWR before the winter comes.  As usual to get the information I read the ARRL radio handbook , 1982 issue, 1995 issue and a technical book of toroidal cores which was bought in Tokyo.  I also estimated the cost and it appears to be about $10.00 and it is acceptable number to me.

 

The main parts are:  One FT-114-43 Amidon core, one SO-239 connector, two terminals, and #20 A.W.G. wire(about 1 mm dia).  The wires were twisted as bifilar and 15 turns on the core.  The power rating requirement is 100 watts because I do not operate a linear amplifier and I operate 100w rigs for DX.

 

I installed the 4:1 homebrew balun in an empty Twining English Tea can.  The pictures are shown in the album of this blog on “ Oct. 14, 2007”.  If you have any questions, please e-mail me.  It works as good as the commercially made balun, perhaps better, Hi Hi.

 

73.

hiro hayashi

ve3cgc@hotmail.com

 

 

 

In Japanese

「自作 4対1 バラン」

 

先月私の常用している40mループアンテナのSWRが高くなりました。 この間、非常用としてある、私の家のアルミの屋根をアンテナに使い、オン エアーしていました。 アンテナ、450オームラダーライン、バラン、アンテナ切り替えスイッチ、50オーム同軸ケーブルをチェックし、バランに不都合あるのを突き止めました。 

 

私の家は小さな町にあり、バランを手に入れるお店は無く、遠くの店から送ってもらうため、費用も時間も結構かかりますので、手持ちの材料や、ジャンクを使って自作する事にしました。 ARRLハンドブック、1982年版、1995年版、東京で買ってきた「定本トロイダル コア活用百科」山村英穂著(JF1DMQ)を参照し、4対1バランを自作し、紅茶の入っていた小さな缶にいれ、取り付けました。  このブログのアルバム、”20071014に写真を載せてありますので、見てください。

 

「定本トロイダル コア活用百科」山村英穂著(JF1DMQ)はとてもわかりやすく書いてあり、トロイダル コアを使い、自作に必要なコイルを作るには、便利な本です。 是非、1冊手に入れて、読んで見られたらいかがでしょうか。 自作のプロジェクトにも向いている、面白い物がたくさん書かれてあります。 私もそのうち、この本を使って何か、自作のAMPとか、QRP送信機を作ってみるつもりです。

 

主な材料は: アミドン コアFT-144 43材、 SO-239コネクター、ターミナル2個、 #20番AWGエナメル銅線です。 銅線2本捩ってバイファイラー(bifilar)としてコアに15回巻きで、私のリグ100Wで十分使えるものとしました。 普段は3W QRPで出ていますが、これからCONDXが上がり、DXが出来る時100ワット出します。

 

使い勝手はとてもよく、以前のバランより、少し効率が良くなったような感じがします。 もう少し詳細が知りたい方は、メールをください。

 

73.

 

ひろ はやし

ve3cgc@hotmail.com

 

P.S.  英語ではバルン(BALUN) 日本語ではバランといいます。 インターネット上ではいろいろなタイプのバランが検索でき、トロイダルコアを使わずに、プラスチックパイプを使い、銅線を巻いたものもありました。 コストをもっと下げるには、プラスチックパイプを使うのもいいでしょう。  壊れて役に立たなくなったバランはいずれ、ばらして中をのぞく予定です。 多分、普通のコイルが入っている物と思われます。

This entry was posted in ham radio. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s