The Heathkit V-6 QRP transmitter

2007/12/02                              日本語ではこの下の方にあります。

“ The HEATHKIT V-6 VTVM meter”

 

Les, W8WLQ, gave me the meter last year.  It had no leads and I could not use it.

 

One day I came across an idea that I could convert it into a QRP transmitter by using the original parts and the enclosure as much as possible so that it looks like a Heathkit V-6 meter although it works as a QRP.  So I made a schematic for it.

 

The parts:

Tubes: The original 12AU7 was used for oscillation and the 6H6 was removed and a 6K6 was used for the RF amplifier.  The original tube sockets were used.

Power supply: The original transformer was used but it is a small transformer.  The primary was 115V and the secondary was 134V (measured).  It had an old rectifier diode and I modified it for voltage doubler with two 1N4004 diodes.

The frame and front panel and enclosure:  I used those with no modification so that after completion it looks like the Heathkit V-6 meter.

Three trimmer variable capacitors were installed for the VXO, PI tank coil tuning and antenna adjusting.

The schematic I made can be e-mailed to you upon request.

 

The construction:

The original small parts such as capacitors and registers were pretty well all removed from the meter and the required parts were picked up from my junk box.

The wiring and installing the parts were made in a small limited space.  I was cautious on wiring so that the enclosure and the front panel can be put together after all the work done.

 

The smoke test:

I did not remove the wiring of the filament for the two tubes. So it was no problem.  First, I used a toroid core for making the PI tank coil and did not work but through the Kenwood TS-430V, I heard the tone of oscillation by 12AU7 which was a good sign.  I was encouraged and decided to use a PVC pipe for a coil form.  I made the coil for 80m band and 40m band in one coil form.  It did work with a new coil, generating 500mW of power on 40m and 250mW on 80m.  I wanted more power but the original transformer was small and simply not enough power being generated for 2watts, HI.

 

Testing QSO:

The first QSO was made with NG9D/QRP, Lynn, with RST of 569 to me.  He e-mailed me with his comment and with my poor CW audio file attached.  Time and date: Nov. 26, 2007 at 17:43 UTC.  Frequency: 7.023Mhz.     Thanks, Lynn.

The second QSO was made with W4ELP, Ed, with RST of 449 to me. Time and date: Nov. 27, 2007 at 13:00 UTC.  Frequency: 7.050Mhz.  Thanks, Ed.

The third QSO: K8NB, Noel.  17:00UTC,Dec. 1/2007.  Freq:7.050mhz.  RST:579  Tnx Noel.

 

The pictures of V-6 are shown on the album of the blog under “Dec. 2nd, 2007”.  The modification and construction of the V-6 QRP was relatively simple but the power output was only 500mW on 40m band.   I am proud of this rig that I made because someone might look at this as a Heathkit VTVM meter, HI.  Also I encourage you to try to make one with an old Heathkit VTVM on hand or if you come across one, say, in a hamfest.

 

I welcome your comment.  Please e-mail me.

 

73.

VE3CGC, hiro hayashi

ve3cgc@hotmail.com

 

 

 

In Japanese:

「真空管式テスターを改造し、QRP送信機にしました。」

 

Heathkit V-6型(1952年から1954年に製造、発売された)の古い、古い真空管式のテスターを去年いただきました。 でも、計測するリード線がなく、どうしようか迷い、捨てるにも、中にはいい部品がついていて、「もったいない」気がしていました。 テスターの中をあけてみると、12AU7と6H6の球があり、これで2球のQRP送信機を作ろうと決心して、早速配線図を書き、部品をそろえました。

 

12AU7を発振に使い、6H6を取り除いて、ソケットが同じの6K6で(手持ちに4本もありましたので)、高周波増幅をし、電源に小さなトランスが使ってありましたが、多分少しはパワーが出ると思って、そのまま使い、40mと80mに使えるものを作りはじめました。 そして、ケースと前面のパネルや、つまみ類はそのままとし、知らない人がみたら、テスターに思えるような、ヘンな送信機に仕上げようと考えました。 この種類のテスターはカナダではハムのジャンク市などで、時々見かけますが、これを送信機に改造した物は、私はまだ見ておりません。

 

改造自身は簡単でしたが、部品を納めるスペースがきつく、最後にケースに全部収め、なお作動してくれないといけませんので、注意して、組み立てました。

 

「電気を入れました。」  

真空管2本のフィラメントに6.3Vの配線は取り外さず、そのままとしておきましたので、問題はありませんでした。 自作のタンクコイルは小さくスペースが節約できるので、トロイダルコアで作りましたが、動作しませんでした。 テスト中に電気を入れておいた、ケンウッドTS-430Vより、発振音は聞こえたので、オッシレーション(発振)は作動していると確信し、コイルをプラスチックの建設用パイプで作り直しました。 今度は送信機自身作動してくれて、送信音がTS-430VよりCW音が聞こえてきました。 ワットメータには、期待していた2ワットくらいのパワーは示されてなく、500ミリワットくらいでした。 ちょっとがっかりしましたが、テスターについていた電源のトランスは小さい物でしたので、送信機として作動しただけでも、「良し」としました。 

 

始めは「メーター」も同調を取る時に動くようにし、20mバンドや15mバンドにも使える物にするつもりでいましたが、とりあえず、40mバンドでテストを兼ねQSOをし、その他は、今後ゆっくり時間をかけて、更に改造することとしました。

 

「テストQSO

NG9D   RST569

W4ELP  RST449

K8NB      RST 5 7 9

 

「コメント」

/2ワットのパワーとしてはいい出来でした。 CWの音も、ソフトできれいに安定して、使い良い送信機と思いました。 

 

送信機の写真はこのブログのアルバム、2007122日のところにありますので見てください。 質問があればメールでお願いします。 請求していただければ、配線図もメールに添付し送れますよ。

 

 

73. 

ひろ はやし   VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio. Bookmark the permalink.

One Response to The Heathkit V-6 QRP transmitter

  1. Koiso says:

    hiroさん、ごぶさたしております。そのテスターは私と同い年です、hi。
    どうぞよいお年をお迎えください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s