Re-capping the Meissner Signal Shifter EX

2008/01/09

“Re-capping the Meissner Signal Shifter EX”                   日本語は下にあります。

 

I started re-capping the late 1940s vintage VFO exciter, the Meissner Signal Shifter EX, (MSS) in December month in 2007 before the Christmas.  The MSS was manufactured in 1948 to 1949 by the information obtained in internet.  I got the capacitors (so called orange dip) and electrolytic capacitors required purchased over the internet for this project back in September.

 

Spec of this VFO exciter:

Frequency range:  80m to 10m

Power output:  6 watts

Mode: CW and AM

Antenna impedance:    300 ohms

 

Back in July, 2007 I have made a contact with N4QA, Bill, operating the MSS EX and I e-mailed him some general questions and instructions before I started some work on the rig.  One information I needed was how to remove the chassis from the enclosure box so that I can work on the parts replacement.  Thanks Bill, for the info.

 

I replaced all paper type capacitors and electrolytic capacitors for the power supply and the job was done without much trouble.  It had lots spaces in the chassis and the parts I planned for re-cap were installed for a couple of days.   The VFO was solidly built and neither much loose wiring, nor replacement required on wiring due to the age.     

 

Two things I need to point out:    

(1)    The oscillation frequency is doubled in the power amplifier stage.  So I need to have a 3.525 Mhz Xtal  in order to transmit 7.050 Mhz on 40m CW band for example.. 

(2)    It has a 300 ohm terminal at the back of the chassis for transmission.  I made a temporary quick balun to step down from 300 ohm to 50 ohm on my antenna system and the MSS generated about 3 watts. 

 

Before I go on a full operation on the MSS, I need to build a 300 ohm to 50 ohm balun.  Making a homebrew balun will be my small project.

 

The pictures of the MSS are shown in the album under 2008/01/09 of this blog.

I welcome any comments and questions by e-mail.

 

73 and CUL.

 

Hiro Hayashi, VE3CGC

ve3chc@hotmail.com

P.S. to Les, W8WLQ:  Thanks Les for the fun rig.  It seems to be working but I need to prepare everything right including the balun required. 

 

 

In Japanese:

Meissner Signal Shifter EX、メイズナー シグナル シフター EX

 

1940年代後半から1950年代初期に生産され、当時は広くアメリカのノーヴィス クラス(初級免許証、日本では4級の免許証に当たる)に使われたリグを昨年いただきました。 古いものなので、交換できる部品、交換した方がいい部品を取り替えました。コンデンサーはこちらで言う オレンジ ディップ(orange dip)と電源部の電解コンデンサーです。 リグの汚れを取り、きれいにしました。

 

20077月に、N4QA(ビル BiLL)とQSOしましたが、このMSSを使っていましたので、電子メールを送り、手をつける前に、一般的な注意事項を尋ねました。 

 

仕様:

周波数: 80mバンドから10mバンドまで

パワー: 6 ワット

モード: AMCW

アンテナ: インピーダンス 300オーム 

発振:  6L6 真空管

高周波増幅: 807 真空管

 

このリグはVFO Exciterとして作られていますが、6ワットのパワーが出せるので、私はqrp送信機として使うつもりです。 仕様では6ワットでますが、古い機械で真空管その他の部品も新品のような性能は望めません。 テストで試して3ワット出ましたので、まだまだ使えるリグです。

 

写真をこのブログの200819日のアルバムにあります。 変わっているのはバンドの切り替えに「タレット」と言われる6角形の筒の中にコイルが収められています。 前面のパネルの、大きなつまみダイヤルを回すと、このターレットが回り、バンドを切り替えるようになっています。 周波数は、発振周波数を高周波増幅段で2逓倍します。 更に、シャーシーの後ろにある、アンテナ ターミナルはインピーダンス300オームで、最新のトランシーバーのように50オームではありません。 1950年頃はアンテナのインピーダンスも各メーカーにより、まちまちのようでした。 ハリクラフタ-ズ HT-18(1947年製造)はアンテナ ターミナルのインピーダンスは75オームでした。 もうひとつ、同調が取れると緑色のマジック アイでわかるようになっています。 私は子供の頃は日本にいたので、昔の真空管の5球スーパー受信機のような気分が味わえ、楽しい送信機です。

 

私のアンテナは50オームですから61のバラン(BALUN)を自作しオン エアーします。 このバランを作るのも小さなプロジェクトとなりますので、もう少し時間が必要です。

 

質問やコメントがありましたらメールをください。

 

73

VE3CGC  ひろ はやし   ve3cgc@hotmail.com

 

                 

This entry was posted in ham radio. Bookmark the permalink.

One Response to Re-capping the Meissner Signal Shifter EX

  1. Unknown says:

    Amberdigital Branch,Southern Stars Enterprises Co is specializing in the development and manufacturing of ad players, advertisement player and LCD advertisings. Established in 1996, we have explored and developed the international market with professionalism. We have built a widespread marketing network, and set up a capable management team dedicated to provide beyond-expectation services to our customers.

    amberdigital Contact Us
    Southern Stars Enterprises Co (Hong Kong Office)
    Add:3 Fl, No.2, Lane 2, Kam Tsin Tsuen, Sheung Shui, Hong Kong
    Tel:+852 2681 4099
    Fax:+852 2681 4586
    Southern Stars Enterprises Co (Shenzhen Office)
    Add:DE, 16/F, Building 2, Nanguo Tower, Sungang Road, Shenzhen, China
    Tel:+86 755 2592 9100
    Fax:+86 755 2592 7171
    E-mail:sstar@netvigator.com
    website:www.amberdigital.com.hk
    alibaba:amberdigital.en.alibaba.com[ddicgccb

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s