W9TFC brass key

2008/03/03                    日本語は下のほうにあります。

 

“ The W9TFC brass key”

 

I have made my first QSO with W9TFC, John, on Oct. 9, 2006 on 40m band CW.  During the QSO, I came across that he had a rig using a 2E26 tube and I was planning to build a QRP with a 2E26.  Please look at my blog back on December 2, 2006 titled “a 2E26 QRP” for more story. 

 

John e-mailed me in early Feb. 2007 saying that he designed and machined a brass key for me and he said that it was on the way.  The brass key arrived on Feb. 13.  I opened the box and found a shining solid brass key there.  I immediately noticed that it was machined beautifully with the impressive craftsmanship he put into it.  He made two keys and gave me one.  I tried it listening the nice clicking sound.  I was so happy and that was what I wanted for a brass key for a long time.

 

I e-mailed him and said “Thank you to him” and asked to set up a SKED using the key.  On Feb 21, at 7.050 mhz at 17:00 UTC.  I asked him both to use Eico 720 vintage transmitters and the brass keys.

 

His set up:  Eico 720 with power 50 watts, knight VFO, Drake 2C receiver and inverted Vee antenna.  Key: the brass key designed by W9TFC.

My set-up:   Eico 720 with pwr 6 watts, Heathkit HG-10 VFO, Hallicrafters S-40B receiver and a loop antenna.  Key: the brass key designed by W9TFC.  Also I used a 2E26 4 watt QRP transmitter which I call the “W9TFC Special” because I built the QRP using his schematic.

 

I up-loaded about my Eico 720 on April 22, 2006 on my blog so please click in for more story.  The HG-10 VFO is connected with the Eico 720 as a set in my case and it works well together with the Hallicrafters S-40B.  I enjoy QSOs with this set-up because I experience the old days QSO coping with the signal drifting so I chase the signal and switching the antenna switch back and forth for receiving and transmitting every time.

 

I have pictures on my blog on March 3, 2008 and I am honored to have and use the brass key which he homebrewed for me.  Thank you much, John, and it does work well for me.  I have made lots QSOs already with the key.

 

73.

 

VE3CGC  Hiro          ve3cgc@hotmail.com

P.S.  VRY TNX, John, for the great gift and FB key!!!

 

In Japanese:

「真鍮製の縦ふりキー」

 

W9TFC ジョーンはウィスコンシン州で仕事をリタイア-し、趣味で農場をしています。  また、家には小型の旋盤を持ち、電鍵を自作するのが一つの楽しみで、自分で図面を作り、1台私に作ってくれ、213日に郵便で送ってくれました。

 

私はいずれ機会があれば、真鍮のキーを欲しいと思っておりましたが、ジョーンから突然いただきましたので、驚き、また、とてもうれしかったです。 メールで、早速、御礼を言って、221日、7.050 mhz 17:00 UTCにスケジュールを組み、オンエアーしました。 実は2006年の夏、以前住んでいた、アルバータ州のカルガリーを訪れた時、VE6CDUジャンスより2E26の真空管を3本いただき、W9TFCジョーンから、QRPの配線図をもらい、クリスタル発振の送信機を自作しました。

 

W9TFCのリグ: EICO720(パワー50W)送信機、KNIGHT VFO, DRAKE 2C 受信機、逆Vアンテナ と真鍮製の縦ふりキー

 

私のリグ: EICO720(パワー6W)送信機、 ヒースキットHG-10 VFO, ハリクラフタ-ズ S-40B受信機、 ループアンテナ、と今回いただいた真鍮製の縦ふりキー、それに自作2E26 QRP(4W クリスタル発振、 2006122日のこのブログのアルバムと記事を見てください)。 EICO7201960年代によく使われた送信機で、QSOをしていると、「昔、自分も使っていた」とアメリカの方に言われます。 EICO720については、2006年4月22日のこのブログのアルバムと記事を見てください。

 

これら、私のリグでは最新のトランシーバーと違い操作が少しややこしいのです。 アンテナにはアンテナスイッチで送信機と受信機をその都度切り替えます。 また、S-40B1950年代の通信用スーパーヘテロダイン受信機で、私のS-40Bは古いペーパーコンデンサーを取り外し、新しい物と、取り替えてあり、受信中の周波数の移動を少なくしてあります。 しかし、やはり少し動くので、1回送信し、相手を受信する時は、周波数がほんの少しずれ(動き)、ダイヤルを動かし、少しですが、毎回、調整しなければいけません。 1950年、1960年代にこの受信機を使っていたOMハムの話では、かなり周波数は動き、信号を追いかけるのは大変だったと言うハムに何度も会いました。 この辺にも最近の部品の進歩が大いに感じられます。 更に、VFOを使い、周波数を自由に選択出来る様にすると、送信の時に波を送信機に入れなければいけませんので、VFOのスイッチをSTANDBYから OPERATIONに入れ、受信の時は、OPERATIONからSTANDBYにも戻さなければなりません。 慣れるとこれらの操作は簡単ですが、それでも、時々間違える時があり、受信中、相手を見失う事があり、探すのに焦る時もあります、HI HI。  こんな時は、最新のリグのありがたみがわかり、昔のハムの方の苦労が体験できます。

 

今回私が使ったリグと、いただいた真鍮製の縦ふりキーの写真をこのブログのアルバム、200833日にのせてありますので、見てください。 質問やコメントがあれば、メールをください。

 

73.

 

VE3CGC  ひろ はやし

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s