T/R Switch

2008/09/11                                     日本語は下の方にあります。

 

“ A T/R Switch   送信、受信切り替えスイッチ

 

 

I operate QRP homebrew transmitters and built a transmitting / receiving switch last month.

( The schematic I made by "WORD" is not shown somehow here.  Sorry.)

 

        Jack 1:  to antenna            Jack2:   to transmitter

 

                  

 

                                                            

                                                            

                                                             

                                                             

                                                            

                                                            

                                                               Jack3: to receiver

                                                              

                          1N34             1N34           

                                                        

                                                        

                                                          

                                          

    The schematic above was shown in the “73” magazine, May 1965 and as you can see it is simple and easy to build.   It took me a couple of hours and I tried it.  It did work but not well the way I expected.    About two years ago, I built one using a tube and it did not work well either, not met to my expectation.   The schematic diagram was shown in the “ Understanding Amateur Radio” by ARRL published in 1963.  I have no regret for building these two T/R switches and tried them with bad results because I confirmed a manual switch I am using works well and sufficient for my use.

 

The pictures can be seen in the album of this blog, “ T/R Switch” Sept. 11, 2008

 

73.

Hiro Hayashi      ve3cgc@hotmail.com

 (If you need the schematic, please e-mail me.)

 

 

In Japanese:

 

「送信、受信切り替えスイッチ」

 

19655月号のラジオの本「73」に上にあるとても簡単な送信、受信切り替えスイッチの配線図が出ていましたので(上の英語のところに配線図あり)、ジャンクボックスから部品を集めて、作って試してみました。 私は自作QRP送信機で時々、オン エアーしますので、送信と受信を切り替えるスイッチがあると便利だと思い、作ったのですが、結果は期待したようなものではありませんでした。 じつは2年程前も、1963年発行のARRLの本にあった真空管を使った、送信、受信切り替えスイッチを作って試したことがあり、この時も、自分で期待したような結果はえられず、この種のスイッチに疑問をもっていました。  今回ダイオードでもう一度試してみて、期待どおりの結果が出ませんで、やはり送信、受信の切り替えは、手動で十分であり、私にはこれより優れる物無しと結論が出ました。 私の局の設備は1950年代、1960年代の無線機、送信機、受信機もあり、近年の進んだハイテクのトランシーバーのようには操作できませんから、手動でやるのが一番ぴったりしています。 私が自作するトランジスターのQRP送信機はごく初歩的なもので、手動で送信、受信を切り替えても、十分QSOは楽しめ、昔のOM達がしていたやり方でやるのも一味違う楽しさがあります。  アメリカの局と話をする時、相手方が7080歳のシニア-のハムの人は私の使っている、EICO720, KNIGHT T-60, ハリクラフタ-ズ S-40B受信機(1Kcとか2Kcですが、結構周波数がずれていく、HI )など、ノービス級のとき、使っていた人も多く、機械の調子なども聞いてきます、HI 。

 

写真はこのブログ “ T/R Switch” 911/2008 にのせてありますので、見てください。

73.

 

ひろ はやし

ve3cgc@hotmail.com

 

P.S.  上の配線図は「マイクロソフトのワード」で始めて作ってみました。 簡単な配線図は、このプログラムでも、十分わかってもらえる図面が出来ます、HI.  (残念ながら、WORDのプログラムでは、このブログには表示できないようです。 配線図がいる方は、メールください。)

This entry was posted in ham radio, amateur radio. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s