A QRP dummy load

2008/10/02             日本語は下にあります。

 

“ A QRP Dummy Load “  QRP ダミー ロード」

 

I built a dummy load for QRP transmitters, primarily for my homebrew projects.  I used ten pieces of 100 ohm resistors connected in parallel.  So the resistor value is theoretically calculated to be 50 ohms.

 

The ten pieces of resistors are rated 2 watts and they are carbon composition resistors with 5% of tolerance (gold band). 

 

When assembled, I measured with a digital meter and read to be 59 ohms.  I figured it was close enough for my use and I have been using it for a couple of years.  When I built the Small Wonder Labs SW-40 and SW-20, I used this homebrew dummy load for the final adjustment.

 

In August this year, I used the dummy load for checking an antenna and this dummy load was connected to the Kenwood TS-430V.   It worked fine and nothing was wrong but when I opened the plastic case to take a look, I wanted to modify it and the total ohm value become to be 50 ohms.

 

In searching a proper resistor in my junk box, I came across a 350 ohm, 2 watt rating, gold band, carbon composition resistor which was soldered in parallel.  The ohm value is calculated as follows and hoped to be 50 ohms.

 

1/R= 1/R1 + 1/R2 = 1/59 + 1/350    So R=50.48 ohms

 

But it was measured to be 51.8 ohms with a digital meter, not 50.48 ohms as calculated.  I figured that the difference occurred due to the tolerance, the resistance for the wires used and soldered points, etc are not taken into account.   I learned that it was hard to make 50 ohms with combining multiple resistors.  In my case it has been improved for this modification as a dummy load and it is close enough and it is a homebrew sufficient instrument for my use.

 

I am wondering whether your dummy load, if you have one, will really show 50 ohms.

 

I show some pictures of my modified dummy load as “ A QRP dummy load ” in the album on Oct. 2/ 2008.

 

73.

Hiro Hayashi,  VE3CGC

e-mail:  ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

QRP ダミー ロード」

 

2.3年前に何処かの本に出ていたダミー ロードを自作しました。 炭素系混合体抵抗器( carbon composition resistor ) 100オーム(2ワット)を並列に10個半田ずけし50オームとし、プラスチックのケースにいれて使っていました。 抵抗の誤差( tolerance )を示す帯は金色で、5%でした。

 

理論的には 1/R=1/R1 + 1/R2 + 1/R3 + 1/R4 + 1/R5 +1/R6 + 1/R7 + 1/R8 + 1/R9 + 1/R10

となり、求める全抵抗値 R50オームとなるのですが、実際に、組んでみると、使用した各抵抗には若干の誤差があり、組み上げてから、デジタル式テスターで計ってみると59オームで、実用には差し支えないと思い使っておりました。 スモール ワンダー ラブス社のCW QRPとランシバー SW-40、 SW-20 を組んだ時にも調整に使いました。

 

本年、8月の終わりに、箱の整理をしている時に、このダミーロードが目に入り、これを手持ちの抵抗器で、50オームにしようと思い、ジャンク箱をさがし、炭素系混合体抵抗器 350オーム(2ワット)を1個見つけ、これを既存の10個の抵抗と並列に半田付けしました。ここでも、理論的には 1/R=1/59 + 1/350  の式から R= 50.48オームとなるのですが、実際組みあがって、デジタルテスターで計ってみると、51.80 オームで50.48オームとなりません。 良くチェックし、考えてみると、抵抗の誤差もありますが、使っている銅線、半田付けしたところも、若干の抵抗があり、影響するものと思います。 今度は、リグを接続し、SWRメーターにこのダミー ロードをつけ、パワーを入れてテストし、SWR1.0を確認しました。

 

小さなダミー ロードでも、きっちり50オームに作るのはとても難しく、いろいろ勉強になりました。 もし、お金を払って店から買うダミー ロードで、50オームでないときは、少し、残念な気がしますね。 貴方の持っているダミー ロードは本当に50オームありますか?

私の自作したQRP用ダミー ロードの写真はこのアルバムの “ A QRP dummy load  OCT. 2 /2008にありますので、見てください。

73.

 

ひろ はやし VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio, amateur radio. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s