RE-WORK OF MMM, Michigan Mighty Mite

Feb./04/2009                             日本語は下にあります。

“ Re-work of the Michigan Mighty Mite, QRPp “             

「ミシガン マイティー マイト,MMM, QRPpの改造」

 

I homebrewed the first Michigan Mighty Mite, MMM, three years ago.  Then the MMM became not working, not oscillating to be exact, late 2008.  As the MMM is a very simple QRP because it runs with one transistor, generating about 100mw to 300mw, depending on the band, so I decided to disassemble it and re-work to put together.  I could not find why it became not working.  My guess is that the wiring being too long and might be bad soldering somewhere.

 

I have some pictures in the album of this blog under 2009/02/04 and I have one picture of the MMM before the re-work and the rest of the pictures are all for after the re-work done.  It took me a half day for whole work, disassembling and re-assemble including testing/ measuring the power coming out.  I have not made the first QSO yet as the condition is not great these days. 

 

I like to point out here for the performance of the MMM.

(1)   It generates relatively nice clean CW note despite it has only one transistor.

(2)   The power generates from 125mw(20m) to about 400mw(40m). after re-work.

(3)   It will cost U only a few dollars, least expensive transmitter U can make and it is enjoyable lots and fun to operate..

 

What I learned this time:

(a)   The wiring needs to be short for the best result.

(b)   The coil I made works on multi-band, from 80m, 40m, 30m, and 20m.

(c)    The MMM can be made with your ideas to make and modify it more fun.

(d)   The MMM can be easily built with parts in your junk box. (VY GUD deal)

 

If you have questions, please e-mail me.     73 all.

 

Hiro Hayashi, VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

 

「ミシガン マイティー マイト,MMM, QRPpの改造」

 

インターネットには面白い送信機の情報が沢山あり、自作して楽しめます。 3年程前に1石トランジスターの送信機 ミシガン マイティー マイト (The Michigan Mighty Mite, MMM)を作りました。 去年の秋頃、このMMMが作動しなくなり、送信できなくなりました。 原因はわかりませんが、多分配線のワイヤーが長めだったとか、半田の部分がはずれたとか、ちょっとした所が悪いと思い、簡単な送信機なので、全部部品を外し、再度組み立てました。 半日くらいの時間で、生まれ変わり、調子がよくなりました。

 

結果:

パワーは以前の1.5倍くらい多く出て、20mバンドで125mW40mバンドで400Wとなり、作り直してよかったと思いました。 CONDXが良くないのでまだQSOは出来ておりませんが、QRP PWR計で確認できました。

 

カナダでは、送信機など実験や自作機器も制約無く自由に試せます。 申請も許可も要りません。 このMMMは部品を減らし、少ない部品で簡単に作るQRP送信機として、アメリカ、ミシガン州のQRPクラブが作ったもので、こちらには多くのファンがいます。 MMMRF(高周波)のフィルターがなく、日本で実験し、試すにはタンクコイルのフィルターをつける必要があると思います。 私のMMM80m40m、30m、20mに出られます。 コイルを少し工夫してあり、以前、30mバンド、PWRはわずか150Wくらいで、約2000KMくらい離れた、コロラド州の局とQSOしています。 PWRは少ないので、TVIなど心配せず、楽しく遊べます。

 

このMMMには楽しい思い出があります。 前にも(2006)このブログに書きましたが、クリスマスの休みに簡単に出来上がると思い、作り始めましたが、約1年かかりやっと出来上がった経緯があります。いい経験でした。 まず、コイルの自作、トランジスターの足の位置 B,E,Cを間違え全く動かず、じっと1年間我慢し、間違いを見つけ、やっと出来上がり、PWRが出た時は本当にうれしかったです。 その後、20071月に20m専用のMMMをつくりましたが80mWPWRで、これはまだQSOは出来ていませんが、CONDXが上向くので今年はQSOできると思います。

 

CONDXはまだ本格的に上がってきていませんが、時期を見てこのMMMQRPのコンテストに出たり、また、どのくらい遠くに飛んで行くかなど、楽しい事が起こるのを期待しています。

 

このMMMの改造の写真をこのブログのアルバム、2009/02/04 “Re-work of MMM” にアップロードしましたので、見てください。

 

73.     VE3CGC  ひろ はやし

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in amateur radio , ham radio, ハムらぢお. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s