“ The Waterway CW Net “ 「ウォーターウェイ CW ネット」

2009/05/20                         日本語は下にあります。ve3cgc@hotmail.com

 

Subject “ The Waterway CW Net “ 「ウォーターウェイ CW ネット」

 

I am a member of the Waterway CW Net, WW CW net, and check in the net with 5 watts of power most of the time unless the condx is poor.  In poor condx my power output is 20 watts and no more than that.  My antenna is a loop up 25 feet and in December, 2008, the wire was tangled so now I am using my metal roof with a tuner to date.  I under-estimated the capability of my roof antenna and it works reasonably well.

 

Please click in the URL below for more information.

http://www.egpreston.com/index2.htm

 

The net control stations are located in Texas, Florida and the net frequency is 7.050 Mhz, starting from 11:00Z ( 7:00 AM EST).   The NCS are coming on the frequency at 6:30AM mostly and some actions can be heard.  It will last for 30 minutes to 40 minutes normally ending at about 11:40 Z.

 

Looking at my log book (I am using a notebook, not computer log) my first check in started back in 2005.  My first contact was made with K5GP and ND7K before starting the net on April 9, 2005.  I was using the GRC-109 military rig with pwr 15 watts with my FT-243 crystal (7.050Mhz).  Then a couple of months later, I received an e-mail from K5GP, Gene, asking me to become a member.  It was a great honor for me and I accepted the offer to become the member.

 

One day, I asked Gene, K5GP, what antenna he was using because regardless the condx his signal was always strong and he receives my 5 watt signal from the old Kenwood TS-430V, the Japanese novice transceiver which I brought over from Tokyo.  The TS-430V, max pwr ,is 10 watts but due to the age (about 25 years old) it puts out about 8 watts at moment.  It is a still great QRP rig for me.   He e-mailed me with his schematic of the antenna.  He is using two fix element yagi for 40 meter band.  For my experiment I checked in the net with the minimum power I used was 2 watts (SW-40 transceiver) for several times in the past, Hi.  I was amazed and surprised the capability of his two element yagi. (VRY TNX Gene, for picking up my weak signal every time.)

 

73

 

Hiro Hayashi   VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

 

In Japanese

「ウォーターウェイ CW ネット」

 

私は2005年に「ウォーターウェイ CW ネット」のメンバーになりました。 ネットは毎日1100 Z(ここの時間で朝7時)から約30分から40分間行われ、北米大陸の東海岸から、中西部にかけ、チェックインします。 ネット コントロール局(NCS)はテキサス州、フロリダ州の局が行い、カナダまで強力なシグナルで届いてきます。 私は時々寝過ごしたりしますが、1週間に3回くらいチェックインします。 私のリグはKenwood TS-430V, YaesuFT-107M PWR5ワット、アンテナは200812月下旬、風でループアンテナのワイヤーが切れてからは、アルミの屋根にチューナーを使ってオン エアーしています。  周波数は7.050Mhzでメンバーが約60人くらい居ます。

 

このネットのウェブサイトは:

http://www.egpreston.com/index2.htm

歴史のあるクラブですので、一度読んでみてください。

 

きっかけは、2005年に軍用の送信機、GRC-109 PWR15ワット、クリスタルFT-2437.050Mhz)で送信している時、K5GPND7KQSOし、その後しばしば信号を聞き、時々チェックインしました。 当時はカナダのメンバーはいなかった様で、K5GPジーン(Gene)がメールでメンバーに誘ってくれました。 私は100ワット機の置いてある部屋とQRP機のアルベースメント(地下室)のシャックと二つあり、朝はQRP機でオン エアーしていたので、チェックインは5ワットでした。  K5GPは後に教えてくれたのですが、2エレの八木(自作、固定)を使い、私の弱い信号でも毎回捕らえてくれ、私も安心して、今日までチェックインしてきました。

 

いままで、実験をした最小のPWR2ワット(リグはSW-40 Small Wonder Labs)でK5GP(テキサス州)まで届いていますし、CONDXの悪い時でも20Wでチェックインが出来なかったことはありません。 距離にしたら2000キロから3000キロくらいで、結構届きます。

この次に実験したいのは、PWR300Wでチェックインできるか、ですがCONDXがもう少しよくなるのを待っているところです。 私の送信機は 自作機 Michigan Mighty Mite (1石トランジスタ) とHeathkit V-6(真空管式ボルト、オームメータ)を6K6真空管を使って改造し、送信機とし、これらを使う予定です。 これらはPWR 300mWQSOには忍耐と粘りを要し、CONDXに恵まれないとCQを出しても、空振りに終わり、苦い経験を何度もしています Hi

 

73.

ひろ はやし  VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio, amateur radio,ハム ラジオ、アマチュア無線. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s