mouse key マウス キー

2009/12/12                     日本語は下にあります。   ve3cgc@hotmail.com

 

「マウス キー」 “The mouse key”

 

I was cleaning my tool box and came across three old desktop computer mouse.  I decided to convert and modify it to make a CW key.  I was hoping that I could make a memory key with an IC chip in it but after taking a look at the inside, I decided to make a straight mouse key.  Inside the mouse, it seemed to me that two micro-switches and the PC board could be used for the modification.   I up-loaded some pictures of the straight key as “mouse key” at the album of this blog on 2009/12/12.  Clicking the images, the images can be enlarged.

 

Since I have no schematic drawing, I checked the PC board of the mouse with a volt and ohm meter.  Then I got the idea of wiring and the function of parts on the PC board.  I re-wired around the micro-switches so as to be “ON” and “OFF” by clicking the mouse.  This was a simple job but the meter showed there was some current flowing.  The mouse key did not work as I expected.   So I decided to remove the capacitors and resisters but I got no improvement because on the meter I saw a small amount of current flowing still.   I removed the IC chip on the PC board so at this stage no major parts on the PC board except two micro-switches, two little wheels and some parts I do not know the name of it.

 

After removing the IC chip, the mouse worked well as a straight key by the right hand clicking as well as the left hand clicking.  I measured the resistance just in case.  It showed 7 ohms on right and 4 ohms on left.  I soldered a plug jack at the end of cable so that it can be connected with my SW-20 and SW40 QRP transceivers.

 

So on this exercise to make a mouse key with an old mouse, re-wiring around the micro-switches and removing the IC on the PC board will give you a fun CW straight mouse key, HI.   It generates “dhi…and dah….” by clicking with the fingers.  It is slow CW but practically no problem and enjoyable.

 

73.

 

Hiro Hayashi, VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese

「マウス キー」

 

私の子供達も大きくなり、もう家にはいません。 子供達が使ったコンピューターも処分して、古いマウスが3個見つかりましたので、これをCWキーに改造し、自作しました。 マウスはマウスボール式で、スクロールホイールもない、昔のもので、今はもう店では売っていません。 写真をこのブログのアルバム、「mouse key」、2009/12/12に載せましたので、見てください。 絵をクリックすると、大きくなります。

 

まず、裏側のネジをゆるめ、中の様子を見ました。 2個のマウスを調べたところ、メーカーも異なり、中のPCボードのデザインも、部品も違い、キーに使えそうなものはマイクロスイッチ2個、とPCボード本体(マウスの本体にきちっと収まっているので)くらいで、これを生かして、キーを作ることにしました。 始めは、ICチップなどを新しく使って、メモリーキーを作れるかなあと欲張っていましたが、安全で、簡単な方を選びましたHI

 

テスターでマイクロスイッチ2個の配線関係を調べ、マウスの右、と左のクリックを押すと、スイッチが入るように配線を換えました。 右、左クリックを押し、スイッチを入れても、うまく作動せず、テスターで調べると、わずかの電流が流れ、完全に、ONOFFの状態ではない事がわかりました。 小さなコンデンサーと抵抗が影響しているのかと思い、外しましたが、同じで、うまく動きません。 ICチップが1個ついていたので、マイクロスイッチのON,OFFに関係なく、ICチップの中で接続され、電流が流れるものと判断し、PCボードから取り外しました。 これでうまく動作するようになり、テスターで確認し、マウス本体をもとに戻し、ネジを締めて、コードをQRPトランシーバーにつなげるように、プラグジャックをつけ、完成しました。 テスターでONの状態で、抵抗値を測りました。 右は7オーム、左は4オームで実用に差し支えない事を確認し、完成です。

 

使い心地は良く、ゆっくり、のんびりとCWを送るには何の問題もありません。 古いマウスを持っている方は、一度試してみてください。 中のICチップを取り外し、マイクロスイッチの配線を変えるだけで、キーが出来上がります。

 

73.

VE3CGC はやし ひろ

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio , ハム ラジオ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s