SKN 2010 「ストレート キー ナイト 2010」

2010/02/02                      日本語は下にあります。        ve3cgc@hotmail.com

                                                                                                            

“ The Straight Key Night 2010 (SKN 2010) “ 「ストレート キー ナイト 2010

 

I go on air to participate the SKN on January 1st by UTC time every year and this year I switched on my rig described below:

 

Transmitter:  The Knight T-60 transmitter, pwr 40 watts, with the VFO, Heathkit HG-10.

Receiver:     The Hallicraferts SC-40B, Canadian assembled and equivalent to S-40B.

The key:     The straight key purchased from the Radio Shack for practicing CW in 1974 to write the beginer’s ham license.

Antenna: A loop for 40m band

Transmitter, as stand-by:  Hallicrafters HT-18, pwr 7watts with a J-37 straight key.

Receiver, as stand-by:     Yaesu FT-107M. 

 

In the past, I run QRP transmitters and it has been difficult for QSO because I was using QRP transmitters and this year I increased the power up to 40 watts by the Knight T-60 transmitter.  I could not spend much time for going on air this year but have made the QSOs as follows from Dec. 31, 2009 to January 3, 2010 with my SKN set up.

 

Call Sign   Date        Freq.    RST/ his rig              RST/my rig  

AJ4SB/P   12/31/09     7.060    599  lost                579 T-60,GH-10,SC-40B

WA1YDG  01/01/10     7.060    H/Brew 20W,HQ-180A    579 T-60,GH-10,SC-40B

W1WIU   01/01/10      7.060   559                      579 T-60,GH-10,SC-40B

K2CJ     01/01/10     7.060   459 VikingRangerDrake2B  579 T-60,GH-10,SC-40B

KF4YP    01/03/10      7.057   599                      559 HT-18, YaesuFT107                 

 

I up-loaded some pictures of my set-up of rigs for the SKN at the album in this blog under “SKN 2010”, 02/02/2010.  I always enjoy running the tube rigs and feel the same excitement that the hams in 1950s and 1960s experienced.

 

73.

Hiro VE3CGC   ve3cgc@hotmail.com

In Japanese

「ストレート キー ナイト 2010

 

お正月、毎年、日本ではJARL QSO パーティーが行われます。 北米ではARRLの「ストレート キー ナイト SKN」が1月1日 UTC 000より24時間行われます。 SKN1950年代、1960年代、1970年代などに活躍した古いリグを使い、CWで、これも古いキーを使ってオン エアーし、QSOを楽しみあいます。 

 

私は毎年SKNに参加します。 例年、パワーの小さい送信機で出ていましたが、パワー不足を感じていましたので、今回は40ワット出る送信機を使いました。 私のリグは以下の通りです。

 

送信機:ナイトT-60、出力40ワット、1960年代の真空管式。 VFOはヒースキットHG-10

受信機:ハリクラフターズ SC-40B(カナダで製造)でアメリカ製S-40Bと同じものです。 1950年代の通信機用受信機で、AM-CWが受信でき、カリブ海キューバの短波放送や中国や、日本のNHK短波放送が受信でき、時々聞いています。

縦ふりキー:私が1974年頃、初級のハムの免許を取るときにCWの練習に300円くらいで買いました。 日本製で今でもCWでオン エアーする時に使っています。大切にしています。

バックアップとして:

送信機:ハリクラフターズ HT-18 VFO, パワー約5ワット、CW専用で、19478月製造のスタンプが押してあります。

受信機: ヤエスFT-107M(約25年から30年くらい古いものと思われます)

縦ふりキー:アメリカの軍用キー J-37, 太平洋戦争の頃使われたものと思います。

 

以上のリグは、いただいたものもありますが、買ったものもあり、自分で古い部品を新しい部品に取り替えたり、調整したり、しっかりした真空管を買ってきて、取り替えたりして、整備しました。 古い時代の機械ですから、その性能は最近のリグとは比べ物になりませんが、私達の先輩方が経験したようなQSOを楽しめ、ハムの別な世界を経験できます。 送信と受信の切り替えは、その都度、手で行い、同軸ケーブルスイッチを使いました。

 

沢山のQSOは出来ませんでしたが、上の英語の方にリストを上げていますので見て下さい。  また、私の、このブログのアルバム「SKN 2010201022日、に使用したリグなどの写真がありますので、見て下さい。

73.

VE3CGC   ひろ はやし         ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio , ハム ラジオ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s