$ 1 FM Radio

April1/2010                         日本語は下にあります。

 

“ A one dollar FM radio “    「 100円のポケットラジオ 」

 

I bought a one dollar FM radio a couple of years ago because I was so curious on this radio being able to sell for only one dollar when I saw it at a dollar store in town.

 

My questions were:

(1)   Does it work?

(2)   How is it assembled?

(3)   What parts are used?

(4)   How is it designed?

 

I have been using it when I get sleep one or twice a week.  It has been working not so bad for one dollar.    I had a couple of AAA batteries in my parts box so I did not spend any more money, but one dollar only.

 

I opened the radio last week to take a look at the inside because I have used it and enjoyed listening for a couple of years.  I do not mind disassembling it by now to look at inside.  I took some pictures and up-loaded them in the album of my blog under “ $1 FM radio “ on April 1, 2010.  Click the picture to enlarge it.

 

My answers were:   (Please take a look at the pictures in the album.)

Does it work?             It has been working not badly for a couple of years.  It has been paid off for one dollar for sure.

 

How is it assembled?     The radio was put together rather poorly by looking at inside.  But for a dollar, what I can expect.

 

What parts are used?     The main parts are one IC and a transister.  I did not expect there were a variable capacitor and a coil for tuning.  So I was right and I was a kind of disappointed. 

 

How is it designed?       I could not figure out exactly but to keep the cost to the minimum, I have to say well designed.   I will find out a schematic of this kind of radio in internet in the future.

 

I could find no parts that I would be able to use for ham radio this time.  So I closed the cover and was happy for the investment of one dollar.

 

73.

Hiro Hayashi, VE3CGC   ve3cgc@hotmail.com

 

In Japanese:

「 100円の携帯ラジオ 」

 

二年程前に、1ドルストア(100円ショップ)からポケットに入るFMラヂオを買ってきました。 100円くらいのお金で聞けるラジオが買えるのに、驚いたからです。

 

興味のわいた点は:

(1)   果たして聞こえるのだろうか。

(2)   どのように組みあがっているのだろうか。

(3)   どのようなパーツが使われているのだろうか。

(4)   どんな設計になっているのだろうか。

 

その答えは:

(1)       良く聞こえました。 町の放送ばかりでなく、CONDXのいい時は約100キロくらい離れた局も聞こえ満足しました。

(2)       2年くらい使って、もう十分元を取ったと思ってので、ケースの中を明けてみました。 半田などは下手で、自動の機械で作業したようには見えませんでしたが、100円くらいで、聞こえるラジオが買えたので、よしとしました。

(3)       正直なところ、100円ですからどんなパーツが使われているか、興味がありました。 主なパーツは ICが一つにトランジスターに数個の抵抗とコンデンサーだけでしたが、イア ホーンもセットでついていて、100円ではとても変えないものでした。 電池はついていませんでしたので、手持ちのものを使いました。

(4)       選局はボタンを押すのですが、これもコストを下げる設計で、最近のICの技術を利用し、お金のかからないように、出来上がっていました。

 

写真をこのブログのアルバムに 「 $1 FM radio 」、20104月1日に載せましたので、見て下さい。  絵をクリックすると、大きくなります。

 

100円使いましたが、十分楽しみ、元はとり、お釣が来るくらいと思いました。

 

73.

はやし ひろ VE3CGC    ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio , ハム ラジオ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s