GRC-109 Repair

2010/04/10                   日本語は下にあります。     ve3cgc@hotmail.com

 

“ The GRC-109 repair “    「軍用送信機 GRC-109 修理」

 

The GRC-109 consists of three units, the power supply, the receiver and the transmitter.  I have all units given as gifts by K9FHJ, Perry who is my radio mentor as well as a good friend.

 

Please click in “GOOGLE” and type in “GRC-109” for the history of this military rig.  I up-loaded some pictures of the transmitter while I was repairing under “GRC-109 repair” on 2010/04/10 in the album of this blog.   Please click the picture to enlarge it.

 

“The PROBLEM”  :  It did not oscillate and no power out.

 

“The APPROACH taken”  :  The suggested approach by K9FHJ was (1) check the oscillation section (6AC7 tube) and then check the power amplifier section (2E26 tube).

 

“The STEPS taken”  :  I had a limited experience of repairing a transmitter and I took the suggestions and recommendations given by K9FHJ over the SKYPE and e-mail.  I recommend read any ARRL handbook for the general rules and steps for repairing radios.  The steps I took and convinced it worked were:

(1)   Check the tubes and make sure they work.  My neighbor ham, VE3FBH, Frank helped me to check the tubes with his tube testing equipment. 

(2)   Check the key and keying system and make sure it works.  I used my digital volt and ohm meter as well as an analog volt and ohm meter.  I down loaded the manual and schematic from the BAMA mirror site.  You need the schematic for repairing any radios preferably and it is recommended. 

(3)   Carry out the continuity test.  I started from the 6AC7 tube.  Looking at the schematic, I checked the resisters and the capacitors connected to the tube.  The purpose of this is to measure the ohms as required and the capacitors are not shorted.  Then I did the same on 2E26 tube.  

(4)   The voltage check :  I referred to the manual indicating the voltages required on all tube pins with B+ voltage supplied.  This exercise will give you a picture of voltages the tube needs to have so as to perform.  In my case I did not have to go through the details although I measured all voltages for my reference.

 

“The REPAIR made”  :  I found that one RF choke was broken and not functioning after the continuity test.  According to K9FHJ, the GRC-109 tends to have the RF choke being broken for some reason.   In fact, during this repair, I accidentally touched B+ wire and damaged one RF choke which was replaced.   So in total I had to install two RF chokes HI HI.  I made notes of what I did and what I found during the repair for the future reference.

 

“The RESULT”  :  I successfully made a test QSO with KC4FLT, Carl, in the Alabama state.  The RST I received from him was 599. 

 

I recommend follow the steps I took to repair a transmitter if you need to try one yourself.  It is not too difficult and no fear.  It took me about three weeks for this repair.  BE PACIENT.

 

Good luck and 73.  ( if you have questions, PLS e-mail me.)

 

Hiro Hayashi, VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

 

「軍用送信機 GRC-109 修理」

 

GRC-109は「スパイ ラジオ」と呼ばれ、1960年代にベトナム戦争やソ連との冷戦でアメリカのスパイが使ったリグです。 その歴史やリグについては「グーグル」で “GRC-109”

とタイプすると沢山のサイトがあるので、見て下さい。  このブログのアルバムに ”GRC-109 repair” 2010410日に修理の写真を載せました。 絵をクリックすると大きくなります。

 

GRC-109は電源、受信機、送信機の31組で、私のラジオの先輩でお友達のK9FHJ ペリーより贈り物としていただきました。 一年くらい前、送信機が壊れてしまい、使わずにおりました。

 

本年3月ようやく修理する気持ちになり、挑戦しました。 以下は、真空管の送信機を修理するステップですので、参考にして下さい。  K9FHJの指導でSKYPE と メールで修理方法を告げてもらい、それに従ってチェックし、問題のあるところを発見しました。 この修理には約3週間罹りました。

 

「問題」: 発振も送信もしない。

 

「どこを調べるか」: 発振の6AC7真空管と2E26の送信管を中心に調べます。

 

「調べるステップ」: まず、(1)真空管を調べ、確実に動作するものか調べます。 ローカルのハムに助けてもらい、真空管のテスターで調べていただきました。 次に、(2)電鍵、とその周りのワイヤー、配線をテスターで確認し、問題があるか調べます。 私の場合は、デジタルテスターとアナログ式テスターを両方必要に応じ、使いました。  (3)「導通テスト」 (continuity test) 真空管の足(ピン)と半田付けされている抵抗やキャパシターを調べ、抵抗は所定のオーム数があるか、キャパシターはパンクし、ショートしていないかを調べます。 この時、配線図を必要としますので、私はインターネットで配線図を見つけました。  (4)電源を入れ、真空管の足(ピン)にかかる電圧を調べ、ノートに書き写し、インターネットの説明書にある数字と比べました。  私の場合は、一応、電圧は調べましたが、導通テストでRFチョークが断線しているのを見つけました。 手持ちの部品を取り付け、問題は解決しました。  この修理中にしたこと、見つけたことをノートに書き取りました。

 

{テストQSO}: テストQSO KC4FLT, Carl,アラバマ州として、 RST 599 でした。 CWの音も澄んだきれいな音で、元通りに修理できました。  この修理をするのに、3週間かかりましたが、慌てず、ゆっくり考えて、一つ一つ納得しながら、調べていけば、必ず、悪いところが見つかります。 基本的に、上に述べたステップが修理の基本と思いますので、真空管の送信機の修理では恐れず、挑戦してみてください。  質問があればメールをください。  

 

はやし ひろ VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in amateur ham radio ハム ラジオ アマチュア無線. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s