The broad-band Toroidal Balun

2010/08/17

“ Homebrewing baluns “        「自作バラン」      ve3cgc@hotmail.com

 

I have made a couple of baluns for my station in the past.  The followings are the summary of the information of homebrewing the HF (1.9Mhz to 50Mhz) balanced to unbalanced broadband toroidal baluns for 1 : 1 and 4:1 baluns.

 

I have been referring to the book written by JF1DMQ, Hideho Yamamura, called as “The Toroidal Core Handbook”, ISBN4-7898-3043-8, published from the CQ Publishing company in Tokyo, Japan.  The followings are the useful information I selected helping you to homebrew the balun you need.

 

Page at 350:  He suggests look into the points below when homebrewing a balun.

Point one:  The impedance characteristic of number of wound wires.

Point two:  Use large OD copper wires such as AWG 18 and 12 for example.

Point three: The toroidal core selection is important.

Point four:  Know the power handling capability of the selected core.

Point five:   Be aware of the heat generated by HF on the selected core.

 

Page at 463:  His recommendation on balun making.

Allowable power

Core

Wire, AWG

銅線直径mm

No. of turns

remarks

20w

FT50-43

24

0.5

11

 

50w

FT80-43

18

1.0

12

 

100w

FT114-43

16

1.2

12

 

200w

FT140-43

12

2.0

8

 

500w

FT240-43

12

2.0

10

 

above 500w

FT240-43*

12

2.0

8

*double stack

1KW

FT240-43*

12 (5 wire bundle)

2.0 (5本束)

8

*double stack

Freq 周波数 =1.9Mhz to 50Mhz

 

 

I up-loaded a couple of articles for baluns I homebrewed on my blog in the past.  Please refer to “a 72 ohm to50 ohm broadband torroidal balun (Dec. 2008) and “a 6 : 1 (300 ohms to 50 ohms) balun (Feb. 2008)and “ a 4 : 1 balun (Oct.14/ 2007)” with pictures.  To make coils with toroidal cores, I recommend you to read any ARRL radio handbooks for counting the no. of turns and coil formation on cores.

 

I included a sketch and pictures in the album as “Broadband toroidal balun” on August 17, 2010.  To enlarge the image, please click it.

 

Please e-mail me when you have questions.

73.

 

Hiro Hayashi  ve3cgc

ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

「自作バラン」

 

私は自分で使うバランは、初めは、アメリカのメーカーのものを使っておりましたが、小さな今の町に住むようになってから、簡単に買えないので、トロイダル コアで自作を始めました。 以下はHF 1.9Mhzから50Mhz の周波数、1:1と4:1のバランをつくる要領を書きます。

 

日本には素晴らしい参考書があり、いつも読んで、自作の時に助けてもらっています。 本はJF1DMQ 山村 英穂 氏 が書いた「定本 トロイダル・コア活用百科」、ISBN4-7898-3043-8、CQ出版社、です。 

 

465頁: 山村氏はバランを作る時の要点を示しています。

要点1: コアに巻く銅線の巻き数によりインピーダンスがきまる。

要点2: バランには太めの銅線(直径が1.0から2.0mm)が適している。

要点3: バランには適切なコアを選択する必要がある。

要点4: 選択されたコアによって扱えるパワーがきまる。

要点5: 高周波を扱うので、コアは発熱するので、考慮すること。

 

463頁: 山村氏の薦めるバランの作成資料

上の英語に部分にある表を参照ください。

私が今まで自作したバランについて、このブログに書いていますので、参考に見てください。

(1)  72オーム対50オームのバラン  200812

(2)  300オーム対50オームのバラン  2008220

(3)  41 バラン          20071014

 

このブログのアルバムに“Broadband toroidal balun” 2010817日、としてスケッチと写真を載せました。 イメージをクリックすると、大きくなります。

 

質問があれば、メールをください。

73.

 

はやし ひろ  VE3CGC

ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in ham radio , ハム ラジオ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s