「修理ノート」  “My repair notebook”

2011/03/03                   日本語は下にあります。    ve3cgc@hotmail.com

「修理ノート」  “My repair notebook”

I started making a note of it for anything such as repairs, measurements, steps, formulas and calculations, results, revisions and modifications, etc. for my future reference in December 2004.

The ARRL handbook for radio amateurs, 1996 issue, describes the troubleshooting and repairs.  It points out the safety first, senses and test instrument and equipment.  I am not strong for the theory but under senses referring to “eyes”,” ears”, “nose”, “fingers” and “brains”.   In repairing, I usually open the radio, then I carefully look at it, hear it, smell it, “touch it if it is safe” and “think a bit” for what and where went wrong.   If you are lucky, you will find the cause of trouble right there.

Of cause, I make a note of it so that later it will help me to narrow down the problem and repair it.

I have an analog type multi-meter and a digital type multi-meter.  They are very helpful for my work and the essential instrument for me. 

I also found my notes were helpful when I design and homebrew antennas.  Especially at the final tuning step, I write down the SWR, frequencies, the length of element, etc.

I strongly recommend you buy a notebook to write down anything which will help you a lot during repair and re-think and diagnose the trouble.

73.

Hiro Hayashi, ve3cgc                       ve3cgc@hotmail.com

In Japanese:

「修理ノート」

今から7年前の2004年12月よりノートを1冊用意し、ハムラジオのことについては何でも書きこんできました。 例えば、修理、コイルや抵抗などの計測値、どのようにしたかなどの順序、式やその計算、何かした時の結果、改造や変更 など何でも書き込み、記録しておきます。

1996年のARRLのハンドブックの「修理の仕方」には、安全第一、五感、テスターについて大変いいことが書かれています。  ラジオの修理の時、ケースから取り出し、まず、部品が焦げたり変色していないか、配線がどこか接触していないか、など中を良く見ること、通電できるのであれば、音を良く聞き、どのような異常があるのか、また、この時、煙や部品から何か臭いがしないか、安全を確認し、手で触ってみて、異常なところを見つける。 そうして、自分の知識を総動員して、原因を突き止める。  私の場合、今まで、特に技術的な知識がなくても、このようなステップを踏んだだけで。原因を見つけたことが何度もあります。  もちろん、ノートには、将来のため、これらは細かく記録します。

私は、アナログ式テスターとデジタル式テスターを持っていて、使っていますが、とても便利で、役に立ちます。

このノートはアンテナを自作するとき、その計算や、最後に調整の時、なくてはなりません。  SWR,周波数、エレメントの長さなど、細かく書き込んでおき、将来の参考にします。

1冊50円か100円くらいのノートで、いろいろなデータの書き込みや、記憶していても忘れてしまうことなど、書き込んでおけば、将来とても参考になるでしょう。 ハムライフも一段と充実します。

73.

はやし ひろ  VE3CGC,   ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s