“The W3DZZ antenna trap coil continued”

Sept. 7 / 2011                    日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

 

“The W3DZZ antenna
trap coil continued”    「W3DZZアンテナ再度挑戦」

 

 

I started homebrewing the W3DZZ multi-bander
antenna in Oct. 2010 and my articles were up-loaded as follows.

 

Oct. 13, 2010:    The homebrewing was started on the W3DZZ,
for 7Mhz, 14Mhz and 21Mhz.  My W3DZZ was
failed and needed more improvement.

 

Nov. 3, 2010:      The pictures of the trap coils I made shown.  The coax cable trap coils were not properly
tuned at 14Mhz requiring sum additional work.

 

Feb. 13, 2011:      The coax cable trap coils were made and
needed tuning on 14Mhz.  I indicated the
way I tuned the trap coils I made with some pictures.  The tuned coax cable trap coils were found
with no adequate high Q and new copper wire trap coils were made instead, tuned
at 14Mhz.

 

Aug. 13, 2011:      Tuning
20m (14.00Mhz) was made OK but again my W3DZZ was not successfully made.   The copper wire trap coils were made to use
finishing my W3DZZ.  The SWR for tuning
20m frequencies were measured and shown.

 

Having said the above, on August 30, 2011,
I tried to finish the antenna with the tuned copper wire trap coils which were
newly designed for achieving the high Q required.  Using the MFJ259B antenna analyzer, I
measured the resonant frequency on 14Mhz portion as well as how much off on the
7Mhz resonance as follows.  The
measurements taken were:

(1)  The resonant freq.= 14.000 Mhz with SWR=1.1

(2)  The resonant freq.=6.351 Mhz with SWR=1.0

These measurements mean that 20m portion
has been resonated at 14.000Mhz but 40m portion has been resonated at 6.351 Mhz
requiring wire more trimming on the wire engaged in the 40m portion.

 

Then, I started trimming the wires on the
40m portion as shown below.  The initial
length of the 40m portion, L , was 3.25m each side.

 

L=3.25m
resonant frequency=6.351Mhz,
SWR=1.0

L=3.20m
resonant frequency=6.139Mhz,
SWR=1.0

L=3.15m
resonant frequency=6.193Mhz,
SWR=1.1

L=3.05m
resonant frequency=6.313Mhz,
SWR=1.2

L=2.85m
resonant frequency=6.490Mhz,
SWR=1.1

L=2.65m
resonant frequency=6.684Mhz,
SWR=4.0

 

Note that SWR to be 1:0 was achieved at
L=3.20m, then further trimming indicated no improvement on the resonant
frequencies to 7.000Mhz as well as on SWR.
I concluded that the copper wire trap coils (15.83µH and
15.84µH) were far out to the resonant frequencies to 7.000Mhz.  In another words, the µH value
of the trap coils working as loading coils on 40m band was too large to be
resonant to 7.000Mhz regardless of the wires.
My attempt became failure again Hi Hi.

 

What is the next step I can do:

(1)   Making new copper trap coils
with less µH value, say, 5µH.  Try the tuning again.

 

(2)   Or try something else.

 

 

At this point, my W3DZZ is constructed
below.

 

—–wire1——-(trap1)===wire2====[ 1:1balun]===wire3==(trap2)——wire4———-

 

Where:

wire1=wire4:  for 40m band.

wire2=wire3:  for 20m band and The length at the resonant
frequency of 14.000Mhz=4.87meters.

trap1=trap2:   the coax coils, the copper wire coils.

A 1:1 balun= a homebrew balun using a
FT144/43 toroid core.

 

Since my QTH is approaching to winter, I
can not finish my W3DZZ antenna quickly, perhaps some time spring next year.

 

73 all.

Hiro Hayashi, VE3CGC     ve3cgc@hotmail.com

 

In Japanese:

 

「W3DZZアンテナ再度挑戦」

 

2010年10月よりマルチバンダーのアンテナW3DZZを自作し始めました。 私のブログにも、その都度結果を書きました。 今までの結果をまとめると以下のようになります。

 

2010年10月3日: 私はマルチバンダーのアンテナのアンテナを自作したことがありません。 アンテナは出来るだけ大きく、コイルなどを使わないフルサイズのモノバンダーが一番よく作動すると思っています。 携帯できるアンテナとして自作を始めました。

 

2010年11月3日: トラップコイルと1:1のバランの写真をアップロードしました。

 

2011年2月13日:  自作した同軸のトラップコイルは14Mhzに同調させ、写真を載せました。 このトラップコイルはQが低く、うまく動作しませんでした。 銅線を使ったコイルを作り、試すことにしました。

 

2011年8月13日:  銅線のトラップコイルを使い、再度調整しました。 半分うまく行きましたが、7メガに同調せず、宿題が残りました。

 

2011年8月30日に再度完成に挑戦しましたが、失敗しました。  結果は以下のようでした。  上の英語の部分に簡単なこのアンテナの構造を示す、スケマチックがありますので、参照ください。  初めに、中心の給電点(1:1バラン)の両側のワイヤーを同調周波数14.022MhzでSWR=1.0に調整しました。  次に、銅線を巻いたトラップコイルと40m用のワイヤー(この長さをLとする)を半田付けし、周波数=14.000Mhz  SWR=1.1、 周波数=6.351Mhz  SWR=1.0が計測出来たので、このトラップコイルはQは高く、動作していることを確かめました。  次に、40m用のワイヤー(L)を短く切りながら、以下の数値を得ました。

 

L=3.25m
同調周波数=6.351Mhz,  SWR=1.0

L=3.20m
同調周波数=6.139Mhz,  SWR=1.0

L=3.15m
同調周波数=6.193Mhz,  SWR=1.1

L=3.05m
同調周波数=6.313Mhz,  SWR=1.2

L=2.85m
同調周波数=6.490Mhz,  SWR=1.1

L=2.65m
同調周波数y=6.684Mhz,  SWR=4.0

 

これを見るとL=3.20m 、同調周波数=6.139Mhz,  SWR=1.0 となり、同調し、ワイヤーをさらに切ると同調しないことが分かります。  更に、本来、ワイヤーをさらに切れば、同調周波数は7Mhzに上がるはずが、そうではないので、このトラップコイルは容量(14.83µH  14.84µH)が高すぎ、7Mhに同調には不適当と判断しました。 容量の低いトラップコイルが必要です。

 

次は何をするか:  トラップコイルの容量を下げ、例えば5µHくらいのコイルを作り直し、再度試す。  どのようなコンデンサーを使うかが問題(手元にないかも)。  または、別な方法を考える。

 

カナダは夏は事実上8月末で終わり、9月からは、外でアンテナの扱いには気温が低い日が多い。  このアンテナを完成できるのは、来年の春かもしれません。

 

73.

 

ひろ はやし  VE3CGC    ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s