“ A homebrew coax switch “ 「自作同軸スイッチ」

2011/12/08                   日本語は下にあります。  ve3cgc@hotmail.com

“ A homebrew coax switch “  「自作同軸スイッチ」

 

 

Operating a transmitter and receiver for QSOs, a coax switch is required at every time of transmitting and receiving.   K9FHJ, Perry, suggested me make one using an old knife switch.   I have made one as I found a double knife switch in my parts box.

I have drawn a sketch of the coax switch and up-loaded it and the pictures on this blog.  Please click it for enlarging the image.

This switch works well for me and it can be easily homebrewed with cheap cost.  I used a plastic case but you can use an aluminum box if you like.  I first made one with a normal heavy-duty DPDT switch and it did not work well, observing some effect of RF.  A knife switch had no effect of this and worked as I expected.

 

73.

Hiro Hayashi, ve3cgc        ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

 

「自作同軸スイッチ」

 

送信機と受信機でQSOする時は、送信、受信の度にスイッチを切り替える必要があります。 最近はあまり見かけませんが、「ナイフ スイッチ」を使って自作しました。

パーツを入れてある箱に2個入っているのを見つけたので、1台作ってみました。  初めは、普通、簡単に買える、新しいダブル2点切り替えスイッチ(DPDT)を使って作りましたが、高周波(RF)の影響が感じられ、写真にあるような古いナイフ スイッチを使い、作り直しました。  ナイフ スイッチの方が同軸スイッチとしてうまく十分に動作するようです。 費用も安く、自作も簡単ですので、チャレンジしてみてください。

簡単な配線図を書きました。 写真もアップロードしましたので参考にしてください。 イメージをクリックすると、大きくなります。  質問があればメールをください。

 

73.

 

はやし  ve3cgc        ve3cgc@hotmail.com

 

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s