“ Modification of Desktop Power Supplies” 「デスクトップコンピューター電源の改造」

2013/08/12                   日本語は下にあります。        ve3cgc@hotmail.com

 

Subject:  “ Modification of Desktop Power Supplies”

「デスクトップコンピューター電源の改造」

powersupply 001

powersupply 002

powersupply 003

I have converted the desktop power supply units suitable for ham radio applications.

There are two types of units used for the desktop computers. The first type is called as “ATX” and the second type is “AT” which is old type, perhaps older than 15 years.

 

“How to identify ATX type and AT type”

http://www.ehow.com/about_5438750_types-pc-power-supply.html

http://www.batteryspace.com/prod-specs/2636.pdf

 

The unit has a specification label showing the wattage, amperages and voltages of output.  The rule of thumb is that a 200w unit is good for 10w rig to run and a unit of 300w and up is good for 50w and up to 100w rig.

 

The following website describes how to convert and modify the units.  It will help you to convert and design your unit.

“Desktop power supply from PC”

http://web2.murraystate.edu/andy.batts/ps/powersupply.htm

 

Tips:

When you need to drill holes on the metal case, try NOT to generate vibrations which may cause destroying the unit.  I run into this problem on a unit of mine.

The wires used on +12v is 16 or 18 AWG being capable to handle about 2.5A per wire so you can figure out the number of wires required on your unit for the conversion.

 

Good luck and 73.

Hiro Hayashi, VE3CGC     ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

「デスクトップコンピューター電源の改造」

 

デスクトップ PCの電源でトランシーバーを作動するための改造方法について書きますので、参考にしてください。  私は自作QRP送信機や10w機を動かすのに使っています。 最近の新しい電源は ATX タイプ、 古いタイプは AT、 おそらく15年以上古いものがこれに入り、電源自身にスイッチがついているのが目安です。 私の改造した電源の写真を載せておきますので、参考にしてください。

 

 

テスト方法:  改造する前に電源自身が正常に作動するか確認します。

ATX タイプは下のサイトを参照し、20ピンプラグのピン14と15をつなぎ、電源を入れて、動作を確認してください。

http://www.daw-pc.info/hard/powerunit/powerunit4.htm

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/4063/pc/power/source.html

 

AT タイプは自動車用12V電球、またはロード抵抗10オーム(10w)を+5Vにつなぎ、アースし、100Vに差し込み、電源についているスイッチを入れると動き出します。

電源のケースには普通、仕様書のラベルが貼ってあり、目安はワット数、+12Vのアンペア数に注目し、200wであれば、QRP送信機または10w機に十分で、300wまたはそれ以上であれば50w機から100w機も作動できる、この場合+12Vは15Aとか20A必要でしょう。

 

(1)  ケース: メーカーによりケースのサイズもデザインも違いますが、ネジで3か所くらい止めてあり、ケースをよく見て開け方を考えてから、手をつけてください。 ケースはかなりしっかり止めてあり、手や指に怪我をしないように気をつけてください。

(2)  ワイヤー:基板から沢山のワイヤーが出て、PC本体と接続されるようになっています。 また、古いタイプの電源(ATタイプ)はメーカーによりワイヤーの色が統一されてないものもあります。 ATXの基板に+12V, +5V, +3.3Vと書かれてあり、確認してください。 改造には、+12V, GRD(アース)だけを使ってもいいし、他の+5v、+3.3vのワイヤーも使えるようにしてもいいです。  ATタイプは+12V 、+5Vだけです。

(3)  ワイヤー:+12Vは16または18AWGが使われており、1本のワイヤーは約2.5Aくらい流せ、電源の仕様により本数を見積もります。

(4)  ターミナル、トグルスイッチなどをケースに取り付けるため、ドリルで穴をあけるときは、振動で大切な電源自身を壊す時があるので、十分注意すること。

(5)  私の自作した電源の写真を載せてありますので、各自自分の使いやすいようにデザインし、自作してみてください。 英語ですが参考になり、写真もありますので、見てください。

http://web2.murraystate.edu/andy.batts/ps/powersupply.htm

1台を改造するのに半日から1日で十分で、週末のプロジェクトに最適です。 お金もさほどかからず、楽しく遊べ、リグを動かすのにも使え、試してみてください。

73.

林 ひろ VE3CGC     ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s