“Repairing my 20m Bazooka Vertical” 「バズーカ垂直アンテナ再調整」

2013/10/08                          日本語は下にあります。  ve3cgc@hotmail.com

 

Subject:  “Repairing my 20m Bazooka Vertical”  「バズーカ垂直アンテナ再調整」

tribazooka20m 007

tribazooka20m 006

tribazooka20m 002

BazookaVertical

 

 

I homebrewed my 20m bazooka vertical antenna in 2003 and the article of designing and making the antenna was published in the Japanese CQ radio magazine in the 2003 March issue.  I noticed that the SWR was getting high for the last a couple of years so last year I took it down and kept it in the garage for the major repair since it was already about ten years old.  The schematic of the bazooka vertical is attached.

 

The following repairs were made.

(1)  Disassembled and cleaned whole antenna including the connections by soldering.

(2)  All wires and coax cables were checked for discontinuation by a volt and ohm meter.

(3)  The radials were checked and the wire connections were cleaned.  The number of radials are five.

 

The final adjusted values made by the MFJ 259B antenna analyzer are:

SWR=1.5 at F=14.002Mhz ,R=31 and X=5

SWR=1.5 at F=14.060Mhz ,R=31 and X=5

SWR=1.6 at F=14.100Mhz ,R=31 and X=6

SWR=1.6 at F=14.150Mhz ,R=31 and X=5

SWR=1.6 at F=14.200Mhz ,R=32 and X=5

 

Comments:

I adjusted the antenna which was placed horizontally about 3 feet (1 meter) above the ground.  When the antenna was installed vertically at the permanent installation position, the SWR values horizontally adjusted were not obtained.  So I temporally installed the antenna vertically for the SWR adjustment nearly at the permanent position and this time the SWR values were obtained at the permanent installation position.  I learned that for any antennas, the SWR adjustment should be attempted at the near permanent and final installation position.

For over the about ten years of use, the coax cable can be degraded and the wire soldered connections can be rusted, resulted in the increase of resistance.

The test QSOs were successfully made.

 

73.

 

Hiro Hayashi, VE3CGC     ve3cgc@hotmail.com

 

 

In Japanese:

「バズーカ垂直アンテナ再調整」

 

2002年、私は20mバンドバズーカ垂直アンテナを自作し、CQ ham radio 誌 2003年3月号に発表しました。  バズーカアンテナは帯域が広く、製作も比較的簡単で、私も今まで沢山自作し、試しました。 2002年に自作のこの垂直アンテナは、2年くらい前からSWRが高くなり、再調整が必要となり、昨年秋取り外し、ガレージに入れ、時間を見て解体し、組み立てなおそうと思っていました。  今年は夏が異常に暑く、このアンテナの作業をする気がせず、涼しくなる、9月まで手をつけずにおりました。 アンテナの図面を参考のため添付します。

 

作業:

(1)  アンテナを解体し、断線箇所、さび等を点検した。

(2)  エレメントの断線のないようにテスターでチェックし、動作を確認した。

(3)  半田ずけなどをやり直し、接続部の抵抗がないようし、組み立て直した。

(4)  ラジアル 5本を確認し、断線のチェックをした。

 

コメント:

アンテナの調整は本体を水平に地上から約1メーターに置き行い、垂直に設置したところ、調整したSWRが得られなかったので、出来るだけ設置条件に近い垂直にし、SWRを調整しなおしました。  アンテナの調整は出来るだけ最終設置条件に近い状態でするのがベストでしょう。

このバズーカ垂直アンテナは自作してから約10年くらいも使っており、接続部の腐食(抵抗値の増加)、古くなった同軸ケーブルの容量の変化などでその性能が発揮できなくなったものと考えています。 再度の組み立てでは同軸ケーブルは交換しませんでしたが、アッパーエレメントの銅線の長さでSWRを最小値に調整しました。 防水処理は確実にしっかり行ってください。

 

アンテナ アナライザー MFJ 259B により得られた数値:

SWR=1.5   同調周波数F=14.002Mhz ,  R=31 and X=5

SWR=1.5  同調周波数 F=14.060Mhz ,  R=31 and X=5

SWR=1.6  同調周波数 F=14.100Mhz ,  R=31 and X=6

SWR=1.6   同調周波数F=14.150Mhz ,  R=31 and X=5

SWR=1.6   同調周波数F=14.200Mhz ,  R=32 and X=5

 

テストQSOもうまく出来、また使えるように再生できました。

 

73.

はやし ひろ  VE3CGC    ve3cgc@hotmail.com

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s