“ The grid dip meter “ 「ディップ メーター」

2014/05/09   日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ The grid dip meter “ 「ディップ メーター」

Kenwood Trio DM-801

Kenwood Trio DM-801


Eico 710

Eico 710

I obtained my ham ticket in 1974 so am an old timer of ham. As I liked to homebrew antennas, I bought the Trio DM-801 for mainly working on antennas I made for tuning. If you are a new comer for ham radio, you may not familiar with this instrument, grid dip meter or simply dip meter. The dip meters are an obsolete instrument and you may use a new instrument called an antenna analyzer instead. Please click the below for the instruction of the dip meter for details.

http://pa0fri.home.xs4all.nl/Diversen/Grid-dipper/Manual%20DM-81.pdf

When I used the dip meter first time, I had a hard time to see the dip on the instrument so I thought the meter was out of order and did not use it for three or four years. Then one day I came across an article of how to use the dip meter. The key is the method of coupling. Then I had a chance of getting an old tube type grid dip meter, EICO model 710. This old meter is not as sensitive as MD-801 but fun to use it. Please click the below for the manual.

http://w5jgv.com/downloads/EICO%20710%20Grid%20Dip%20Meter%20Manual.pdf

I still use these dip meters when I homebrew coils such as a tank coil for QRP tube transmitters. These dip meters are still useful for working on homebrew coils. Which are not sold in the market any more.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese:
「ディップ メーター」

だいぶ前になりますが、Kenwood Trio に手持ちのDM-801、ディップ メーターでメーカーに質問をしたことがありますが、帰ってきた返事は計測機関係は別の部門となり、扱っていないので、わからないばかりか、担当の方がディップ メーターを全く理解しておらず、話がかみ合わなかったことを覚えています。 時代が変わったのかと思い、ショックを受けました。 以下を読んで、ディップ メーターを理解してください。

http://fomalhautpsa.sakura.ne.jp/Radio/MJ/1954-8/GDM.pdf
(写真をクリックすると、大きく見られます。)

私は真空管式の古いメーター EICO 710 も持っていますが、感度が少し落ちるようですが、使う時にはさほど不便は感じません。 私の場合は真空管式のQRP CW送信機を自作する時、タンクコイルは売っていないので自作しなければなりません。 コイルの同調周波数を確認するのに使っています。 

最近はアンテナの同調周波数を確認するのに、 アンテナ アナライザー MFJ259B で行い、ディップ メータ―は使いません。 自作のアンテナの調整にはMFJ259Bが便利です。  そのうち、手持ちのディップ メータ―に外ずけで同調周波数を読むデジタル式のメーターを自作してみたいと考えています。

73.
ひろ はやし VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」: 
今回は“アメリカは怖いところ”について、書きましょう。  まず、治療費についてですが、アメリカでは日本のように日本政府が行っている皆が入っている健康保険制度がありません。 それに医者はアメリカではお金の取れる職業の上位にあり、医療関係の職業は人気があります。 従って病気になり、医者にかかると異常に高いお金を払うことになります。 アメリカでは収入が平均より低くお金の無い人は払わなくとも、政府がお金を払ってくれ治療を受けられ、死ぬようなことはないと聞いています。 一番困るのは中間層の人達で、厄介な病気にかかり、家を売ってその治療費を払い、財産をなくしたなどという話は良く聞きます。 私の知っている歯医者の方は病院に1晩入院して、40万円払った人がいて、一番高いホテル代だったと言っておりました。 旅行中に風邪を引き3日入院して200万円請求されたとか、カナダからアメリカを旅行中に心臓の異常を訴え、4日入院し、医者から治療を受け、400万円払ったとか、このような話を沢山聞いています。 日本からアメリカに旅行に行くときは必ず保険に入って、万が一、入院しても、支払いに困らないようにしておきましょう。

次は“アメリカの犯罪”についてです。  最近日本でも殺人事件は増えたようですが、アメリカのそれとは比較になりません。 アメリカでは護身用に女性を含めて、皆拳銃を持っています。 たとえば、ミシガン州のデトロイト近郊では毎日殺人があり、数人が亡くなっています。 テレビのニュースで普通、報道されません。 なぜか、それはニュースで報道するような価値がないし、珍しくないからです。 ニュースで報道される時はギャングの拳銃の打ち合いでいっぺんに数人が殺されたとか、麻薬の捜査で警官と撃ち合い、殺されたとか、ショッキングなケースの時にテレビのニュースで報道されます。 異様な雰囲気の区域には行かないことです。 冒険はしないことです。 デトロイトの場合は、黒人が関係している場合が、多いようです。 アメリカ旅行中はいつも注意が必要ですし、事件に巻き込まれないように気を配る必要があり、甘く見ないことです。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s