“An instant power supply ” 「電源を5分で作る」

2015/03/06        日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “An instant power supply ” 「電源を5分で作る」

desktop pwr supply

desktop pwr supply

SWpwrsupply 005

SWpwrsupply 011

This describes that a desk computer power supply unit can be modified and used to take a voltage of primarily 12volt dc source. The power can be conveniently fed to a QRP transceiver or transmitter for example. There are two types, ATX and AT for desk computer power supply units. The AT type is an old one perhaps produced before 1995. We are dealing with the new type, ATX here to make a power supply with less work and make +12 volts dc available, hopefully about five minutes or so. For modification of AT type and more permanent modifications of ATX type, please click the URL below.

https://ve3cgc.wordpress.com/2013/08/

The modification steps:
(1) Connect the unit to the household 115V ac. The unit does not run at this stage. To make it run, connect with a jumper with a short wire between the green color wire and black color wire on the main power connector accommodating 20 pins and 20 color wires. With the jumper connected, then the cooling fan will start running.
This means that the unit is functioning. If the fan does not run, the unit is broken.
Refer to http://www.daw-pc.info/hard/powerunit/powerunit4.htm
for the pin assignment.
(2) To take +12 V dc out, connect a wire to the pin number 10, yellow wire is connected, on the main power connector. Connect a wire for the grounding to one black color wire on the main power connector. Now you have +12 V dc on your power supply.

Please look at a sticker on the case for the amps and voltages. Note that on the main power connector, +5 V dc and +3.3 V dc are available for your use if you like. The AGW 24 gage will handle about 2.5 A. This modification is solely depending upon you and responsible for you.

73.
Hiro Hayahsi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA” Motorcycles

In Japanese, 「電源を5分で作る」

古いデスクコンピューターから電源部を取り外せば、QRPや10wくらいのトランシーバーを作動させる電源となります。  この電源は2種類、ATX タイプとATタイプがあり、ATタイプは1995年以前に生産されたもので、ここではATX タイプをもとに簡単に電源を作る方法について説明します。 ATタイプの改造とATX タイプを恒久的に使えるようにするためには https://ve3cgc.wordpress.com/2013/08/  を見てください。

作り方:  参考のURL

http://www.daw-pc.info/hard/powerunit/powerunit4.htm

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/4063/pc/power/source.html

(1) 100Vの電源を接続します。 この時、ファンは作動しない。 次に20ピンのコネクターのグリーンのワイヤーと黒のワイヤーが接続されているコネクターを短いワイヤー(ジャンパー)でつなぐ。 この状態で、ファンが回りだせば、この電源は正常に使えますが、ファンが回らない時は故障しているものと思います。
(2) 次に、20ピンのコネクターの黄色のワイヤーが+12V dc、黒のワイヤーはアースですので確認してください。 2本のワイヤーをこれらのコネクターに差し込み12V dcを取り出せます。  ラジオなどには陽極+と陰極-を間違えなく接続すること。

金属ケースにはラベルが貼ってあり、3.3V,5Vや使えるアンペア数が書いてあり、参考にしてください。 AWG24のワイヤーは1本約2.5アンペアくらいまで使えます。 また、この改造はすべて自己責任でやってください。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」

私のブログの「ここだけの話ですが」の2015/02/20, 2015/02/06, 2015/01/16 で私の支那人に対する経験などを書きました。 その総合的な見方を 西尾幹二氏 が動画で的確に述べたものがありましたので見てください。 私の感想は誠に的を得た素晴らしいものと思いました。

題名は 「GHQ焚書図書開封 第81回」です。
辞書によると 焚書(ふんしょ) とは学問や言論の圧迫のため、書物を焼き捨てることとあります。  1945年以後、アメリカにより日本の書物約7,000冊余が焚書され、私達が読めなくなりました。

以上です。

おまけ:
今回は 「仰げば尊し」 です。  台湾でも歌い継がれています。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s