“ The knots for hams ” 「アンテナのロープの結び方」

2015/04/03 日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject:  “ The knots for hams ” 「アンテナのロープの結び方」

knot

knot

My antennas I am using at present are listed below. They are all homebrewed.
(1) A 40m loop
(2) A 20m triple bazooka
(3) A 15m triple bazooka
(4) A 20m bazooka vertical
(5) A 6m triple bazooka
(6) Pocket verticals for 40m, 30m, 20m and 15m band for portable operation.

I am very interested in designing and homebrew antennas. Today I am writing about the knots for rope useful for radio hams that I am using for my antenna maintenance and installations.  The rope I use is made of polypropylene and the diameter is 6mm. The material of this rope is not the best choice but it will last for about 2 to 3 years from my experience and it did stand against the Hurricane Sandy on Oct. 2012. The max working load of the rope is 150kg (330pounds).

The knots I use and recommend are as follows. Please click it to view.

(a) Bowline knot

(b) Two half hitches

(c) Square knot

I have a book titled as “ Pocket Guide to Knots & Splices “. On internet there are many useful URLs related to the knots and splices. I encourage you to explore more knots and splices that would be suitable in your situations and requirement.

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese 「アンテナのロープの結び方」

カナダの冬は長いので、毎年私は冬のプロジェクトを決めて、主に自作となりますが、シャックの中で時間を過ごしています。  特に私は自分で使うアンテナを考えて作るのが楽しみです。 現在、裏庭にあるアンテナ(すべて自作です)は以下の通りです。

(a) 40mループ
(b) 20mトリプルバズーカ
(c) 15mトリプルバズーカ
(d) 20m垂直バズーカ
(e) 6mトリプルバズーカ
(f) ポケットバーチカル 40m, 30m, 20m and 15m バンド(移動運用).

毎年、春になるとこれらのアンテナをチェックし、夏の終わりには冬を越せるように修理などして手を入れます。 アンテナはロープで吊るのですが、ロープを結ぶのには以下の結び方が便利ですので、ゆっくり見て、練習し、試してみてください。 私の使っているロープは直径6mmの材質ポリプロピィレン(決して一番良い材料ではない)で太陽の光で若干劣化しますが、3年くらいは持ち、2012年10月のハリケーン サンディーにも持ちこたえましたので、十分強度はあります(張力150kgまで)。

(A) Bowline knotもやい結び

(B) Two half hitchesふた結び

(C) Square knot 本結び

私はロープの結び方の本を1冊参考書として持っていますが、You Tubeでいろいろな結び目を見る方がとても参考になり、薦めます。 上の三つの結び目は私が今まで使って簡単で基本となるものですので、練習し、おぼえると便利です。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

お年玉についてカナダで経験したお話です。  私のところでは日本に出かけた時に私の妻はお年玉を入れる紙のきれいな袋を買ってきます。 私達の子供にはいままで毎年お正月にお金を入れて、お年玉として日本の習慣を説明しあげていました。 子供たちもお年玉がもらえることを毎年楽しみにしていたようです。 いまでは私達の子供たちも大きくなり、仕事につき、家から出てゆき、遠くに住んでいます。  中国人に尋ねたところ、中国にも同じような習慣があるようですが、日本のようにきれいな紙の袋に入れてあげるということはしないそうです。

私達の子供たちも家から出ていなくなり、私の妻はお年玉を毎週練習に出かけるテニスのインストラクター(先生はアメリカ人で、室内テニス場はミシガン州にあり、カナダから国境を越えてゆきます)に1月の第1週のレッスンに行く時、今まで子供たちにあげていたように、少額のお金をお年玉の袋に入れ、お正月のお祝いにあげています。 アメリカ、カナダではお年玉の習慣がありませんので、はじめは大変珍しがられました。 今では、インストラクターたちにこれが習慣として定着し、毎年1月のお正月を楽しみに待っているようです。 本年はカナダではとてもお天気が悪く、雪が沢山降り、気温も低い日が続き、私達のテニスは1月中は出かけられず、2月になってから初めてテニスに出かけられる状態で、インストラクターの間では大変な騒ぎになっていたようです。  2月になって初めてテニスに出かけた時は大変な歓迎を受けました。 

私の妻はもう一つこのお年玉の袋を家に来た修理をしてくれる若い人たちに ラッキマネー(幸運のお金)といって、1年中いつでもあげています。  若い人たちに元気をつける意味もあり、私達の感謝の気持ちを伝えるためでもあります。  修理のため家に来る若い人の中には、車で片道250kmも走ってくるに人もいて、朝、早出し、一日がかりの仕事ですし、片道250kmも走ってくるときは、途中でコーヒーも飲みたくなるだろうし、トイレ休憩も必要ですし、そんな時に使ってもらえるお金にもなるし、有効に使ってもらえます。

SK: VE3FBH, Frank Baugh Frank did help me very much for supplying me with his vintage parts, tubes, wires, books etc. When I started building my first QRP tube transmitter, he brought me all parts needed. Thank you so much Frank for taking care of me well and I am very sad I lost you.

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s