“ The Japanese stationery “ 「日本製文房具」

2015年6月19日    日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ The Japanese stationery “ 「日本製文房具」

2015pix 001

I was trained to copy CW by writing down on a piece of paper with a pen and I still do so for about 80% of my CW copy. I like the BIC ball point pen and the CROSS ball point pen to use for this task because they are excellent from my point of view. Also I came across Japanese stationery for good quality and reliable performance.

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“ EXSTRA” The CHIN DON YA san
The CHIN DON YA san was so popular in Japan in late 1950s and 1960s as an advertiser. They are a group of people playing music instruments such as drums, clarinet etc, normally three to five members, advertizing a newly opened store in a small town section. From my view, they are so unique and fun to watch. Please enjoy their performance.

In Japanese :   「日本製文房具」

私は1975年、1976年カナダ、アルバータ州のカルガリー市でハムラジオの初級、上級ライセンスを取りました。  CWの練習ではテープを聞きながら紙にボールペンでコピーして書くのですが、上級では20 WPM以上でコピーできないと合格しませんでした。  今でも、CWの受信では紙の上にペンで書きとります。  日本のボールペンは品質も性能も最高で、気分良くいつでも書けます。  アメリカ製のボールペンでは私の好みでは、BICとCROSSのボールペンが書きやすいと思っています。

日本の文房具は常に進歩しています。  新しい試みや新しい製品が発売され、マーケットに出てきます。  もちろんこれらの新製品はこちらでも店で買うことが出来ます。  大変ありがたいことです。  日本製の素晴らしい文房具を上の英語のところのURLをクリックして見てください。 日本の物づくりの心が新製品を作り、よい物を作りだすようです。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

はやいもので、私はカナダにもう50年近く住んでいます。 今回は普段生活していて違和感を持っていることで書きます。  まず、私が不思議に思うことは台所でまな板を持っている人も少ないし、必要と思っている人も少ない気がします。 私がカナダに来た時、1960年代、1970年代では、私はまな板は台所では当然必要で、持っているものと考えていましたが、実は、ヨーロッパから来た人達はほとんど持っていなかった人が普通でした。 ジャガイモなどはナイフで皮を手でむき、細かく切る時は、台所の平たいところで、まな板を使わず、切るようでした。 当時、まな板を売っている店は本当にすくなかったように記憶しています。  普通売っていませんでした。  当時、私は建築中の家の大工さんに頼んで、2in x 6in の板を長さ30cmくらいに切ってもらい、ただでいただいた記憶があります。 最近はお店でプラスチック製のまな板を売っていますし、いろいろなサイズのものが買えます。 

最近、カナダはインフレが結構ひどく、お年寄りの人数も増え、家でお料理を作って食べる人が減ってきましたし、町のお店で食べたほうが値段的には、安い時もあり、外食する人が増えています。  その結果、冷凍食品はよく売れています。 ちょっと火をとおせば食べられるものが良く売れているようです。 パンとかインスタントラーメンに類するような簡単に食べられる食品が良く売れています。 同時に、台所で使う、フライパンとかナイフなどは大分売れ行きが少なくなったようです。 その結果、台所用品を売る専門店は閉店に追い込まれるケースが増えています。  時々出かけるショッピングセンターにあったナイフ専門店(ゾリンゲンのナイフを買ったお店)も先日出かけた時には閉店しており、ありませんでした。 台所用品を売る専門店は高級の瀬戸物類(例えばノリタケチャイナ)、ステーキ用ナイフセット、持っていると便利な台所用品や少し特殊な台所用品はもう手に出来ない、あるいは、手に入りずらい時代となりました。 

最近の傾向としては、インターネットで購入するようで、これら台所用品もこのような買い方をする人が増えているのではないでしょうか。

「おまけ」   インドネシアの国歌 
The Indonesia national anthem (Indonesia Raya)
This national anthem was played by the Toyama prefecture police force in Japan.

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s