“ Measuring the SWR of my antennas “ 「 SWR の測定 」

2015/07/03        日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ Measuring the SWR of my antennas “ 「 SWR の測定 」

SWR measuring

SWR measuring

Jana SWR/PWR meter

Jana SWR/PWR meter

I have been using the following antennas which are all homebrewed.

(1) 40m loop
(2) 20m triple bazooka
(3) 20m bazooka vertical
(4) 15m triple bazooka
(5) 40m shortened vertical

As a stand-by antenna, I use the aluminum roof of our house with a tuner set up normally for 80m band. In emergency case, the roof can be used for 160m to 10m band with a tuner.

The transceiver, Kenwood TS-570 with built-in meter is connected with the Jana HJ-8018A, then the Daiwa CN-101 SWR and power meter to the antennas for measuring SWRs.

40m loop:
The TS -570 was set for the power at 40 watts, then following readings were taken with the table shown below. The measurements will be read first TS-570, then HJ-80i8A, then CN-101 on the table below.

Freq. Mhz TS-570 meter HJ-8018A CN 101 (calculated SWR)
reading 40 watts 35 watts 30 watts
7.005 1.6 1.3 0.4 watts (1.26)
7.025 1.2 1.3 0.35 (1.24)
7.047 1.2 1.3 0.25 (1.20)
7.050 1.2 1.3 0.25 (1.20)
7.060 1.2 1.35 0.25 (1.20)
7.070 1.2 1.35 0.2 (1.17)
7.100 1.2 1.4 0.2 (1.17)
7.150 1.2 1.5 0.2 (1.17)
7.200 1.2 1.7 0.2 (1.17)
7.250 1.5 1.7 0.3 (1.17)

20m triple bazooka
Freq. Mhz TS-570 meter HJ-8018A CN 101 (calculated SWR)
reading 40 watts 30watts 30 watts
14.005 1.1 1.3 0.2 watts (1.17)
14.025 1.1 1.3 0.1 (1.12)
14.050 1.1 1.3 below 0.1 (1.1)
14.060 1.1 1.3 below 0.1 (1.1)
14.070 1.1 1.3 below 0.1 (1.1)
14.100 1.1 1.3 0.05 (1.08)
14.150 1.1 1.3 0.0 (1.0)
14.200 1.1 1.3 0.0 (1.0)
14.250 1.1 1.3 0.0 (1.0)
14.300 1.1 1.3 0.0 (1.0)

20m bazooka vertical
Freq. Mhz TS-570 meter HJ-8018A CN 101 (calculated SWR)
reading 40 watts 32watts 30 watts
14.005 1.1 1.2 0.0 watt (1.0)
14.025 1.1 1.2 0.0 watt (1.0)
14.050 1.1 1.2 0.0 watt (1.0)
14.060 1.1 1.2 0.0 watt (1.0)
14.070 1.1 1.2 0.0 watt (1.0)
14.100 1.1 1.2 0.0 watt (1.0)
14.150 1.1 1.15 0.0 watt (1.0)
14.200 1.1 1.1 0.0 watt (1.0)
14.250 1.1 1.1 0.0 watt (1.0)

15m triple bazooka
Freq. Mhz TS-570 meter HJ-8018A CN 101 (calculated SWR)
reading 40 watts 33 watts 30 watts
21.005 1.1 1.15 0.0 (1.0)
21.025 1.1 1.15 0.0 (1.0)
21.050 1.1 1.2 0.0 (1.0)
21.060 1.1 1.2 0.0 (1.0)
21.070 1.1 1.25 0.0 (1.0)
21.100 1.1 1.25 0.0 (1.0)
21.150 1.1 1.3 0.0 (1.0)
21.200 1.1 1.3 0.0 (1.0)
21.250 1.1 1.35 0.0 (1.0)
21.300 1.1 1.4 0.0 (1.0)
21.350 1.1 1.4 0.0 (1.0)
21.299 1.2 1.4 0.0 (1.0)

40m shortened vertical
Freq. Mhz TS-570 meter HJ-8018A CN 101 (calculated SWR)
reading 40 watts 45 watts 30 watts
7.005 1.2 1.1 0.1w (1.12)
7.025 1.2 1.1 0.2 (1.17)
7.047 1.2 1.2 0.3 (1.22)
7.050 1.5 1.2 0.4 (1.26)
7.060 1.5 1.25 0.4 (1.26)
7.070 1.5 1.3 0.4 (1.26)
7.100 1.5 1.4 0.55 (1.31)
7.150 1.5 1.7 0.6 (1.32)
7.200 2.0 2.1 0.8 (1.39)
7.250 2.2 2.4 0.9 (1.41)

My comment for this exercise is as follows:
(a) No meters used are fully accurate but the meters are indicating nearly acceptable readings.
(b) The triple bazooka and bazooka vertical antennas have low SWR with wide acceptable frequencies.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA” Delicious and tasty Japanese bread

In Japanese: 「 SWR の測定 」

先日、古いSWR/Watt メーター、Jana HJ-8018A (多分1960年代のもの)を見つけたので、私の使っている自作のアンテナのSWRを測ってみました。  Kenwood TS-570を40ワットに設定し、Jana HJ-8018A, をつなぎ、更に Daiwa CN-101 をつなぎ、自作のアンテナより送信できるようにしました。  自作のアンテナは 40mループ、 20mトリプル バズーカ、 20mバズーカ垂直アンテナ、 15mトリプル バズーカ、そして40m短縮垂直アンテナ の5本です。  私の家の屋根はアルミの板を張ってあり、これに同軸ケーブルをつなぎ、アースをとり、チューナーでいつも80mバンドに同調をとり使えるようにしてあります。 この屋根は160mから10mまでチューナーで同調を取り、スタンバイのアンテナとしても使っています。

自作のアンテナ5本に測定値はうえの英語の部分に表にしてありますので、見てください。 表にある測定値はTS-570, HJ-8018A, CN-101(計算値のSWR)の順に表示してあります。

結論としては (1) 今回使ったメーターはどれも100%正確なものはなかったと思われますが、使うのには十分正確と考えられます。  (2)トリプルバズーカとバズーカ垂直アンテナは帯域が広く、SWRは低くおさえられ、気分良く使えるアンテナとして理解できると思います。

質問のある方はメールをください。  73.

林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

私の住む町の ゴミ回収 について書きます。  私の町では地域により回収車が来る日が決まっています。  私の地区では1週間に1度、月曜日に回収に来ますが、ゴミはゴミ用の黒いビニール袋に入れて、家の前に前日の夜か、当日の朝早くに出しておきます。 リサイクルできるプラスチックと鉄などの金属類はプラスチックの青い小型の箱に入れ、分別して出します。 最近は市の方で分別の機械を設置したため、青い箱には紙、プラスチック、金属類をひとまとめにして出してよいことになりました。 つまりリサイクルできるものと普通のゴミだけ分けて出せばいいのです。 以前、ゴミは無料で取って行きましたが、2年ほど前から普通ごみは1軒の家が出せるゴミはビニール袋、3袋まで無料でそれ以上は1袋1ドル50セント(約150円)のステッカーを買って袋に張ることになっています。

毎年、年末に市より翌年のごみ回収のカレンダーが配布され、自分の地域の回収予定物品が書かれてあります。  回収されるものは、普通ごみ、リサイクルできるもの(紙、プラスチック、ガラス瓶、金属類)、刈った庭の芝生、庭の木の枝類、大きなゴミ(イス、自転車、ソファー、電気冷蔵庫など大きいゴミ類一式、そのほか薬品、毒物類、化学製品、油等1式、電池類などは2カ月に一度くらいのスケジュールで町の中の決められたところに持って行き処分するようになっています。  ゴミは処分するのに、以前お金がかからないものでしたが、近年はお金を払って処分する時代になりました。

そのほか、電気製品特にコンピュータや携帯電話など、高価な金属類を回収するために、専門の指定業者が引き取るシステムになっています。  また、ソファー、椅子、寝台、テレビなどまだ使えるものを必要としている人に渡してくれるグループもあり、出来るだけ有効に利用するようにしています。 

「おまけ」 合唱 バイカル湖のほとり   By the lake Baykal

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s