“ 2015 Field Day “ 「2015年フィールド デイ」

2015/07/22         日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ 2015 Field Day “ 「2015年フィールド デイ」

2015Field Day

2015Field Day


2015Field Day

2015Field Day


2015Field Day

2015Field Day


2015Field Day

2015Field Day

I have participated in the ARRL Field Day in the past years and have made QSOs as follows.

2015: 4 QSOs with QRP on 14Mhz,CW
2014: 4 QSOs with QRP on 14Mhz,CW
2013: 14 QSOs with QRP on 14Mhz,CW
2012: 7 QSOs with QRP on 21Mhz,CW
2011: 24 QSOs with QRP on 7, 14 and 21Mhz,CW
2010: with 20w, 12 QSOs on 7Mhz,CW and 8 QSOs on 21Mhz,CW
2009: 3 QSOs with 20w on 14Mhz, CW

Please note that only 4 QSOs made this year and last year based on QRP 5 watts, CW. I had to be very patient for making QRP contacts in 2014 and 2015 because of the conditions and QRM caused by the contest. The local radio club web site is shown at http://www.qsl.net/ve3sar/ and it shows club information including the field day activities. This year I went on the air using VA3OIL call sign.

My equipment:
Kenwood TS-430V (the Japanese novice transceiver, max pwr up to 10w) @ 5w, CW
Antenna: A homebrew pocket vertical for 20m band
Power: Supplied by the club gasoline engine generator
Key: A homebrew straight key shown in the QST, Sept. issue using a hinge

I was on air from 18:00 UTC to 21:00 UTC on 27th (Sat) , then I enjoyed the BBQ organized by the club for supper. The pictures for the Field Day activities are shown at the club web site shown above.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「2015年フィールド デイ」

私のログブックに書かれている記録では、2009年よりローカルのクラブあるいは自分の局より裏庭にアンテナと送信機を設置しオンエアーし参加しております。  上の英語の部分にもう少し詳しく書いてありますので参照してください。  ローカルクラブの年中行事ですがクラブ員が集まり、町の外のキャンプ場にアンテナやラジオを設置しフィールド デイに参加します。  本年も私は自身のQRP局を設置しクラブコール VA3OIL で参加し20mバンドで4局ゲットしました。  コンディションとコンテスト特有のQRMをかいくぐりやっと4局とQSOできました。  27日(土曜日)のUTC18:00 より UTC21:00にオンエアーしましたが、当日は嵐のような風と雨で快適ではありませんでしたが、夕方5時以降はクラブの用意したバーベキューをして、夕食とし私のフィールド デイは終わりました。  

この日の活動はクラブのサイト http://www.qsl.net/ve3sar/ にアップロードされていますので見てください。

私の装備は  Kenwood TS-430V @5w CW,  アンテナは自作のポータブル垂直アンテナ、 キーはヒンジを利用した自作の縦ふりキー(QST誌2006年9月号)。

73.
林 ひろ  VE3CGC, ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

私はあまり政治的な話はしません。 しかしながら、最近の日本の状況を見ておりますと、これだけは言わないといけないと思っていることがあります。  

安倍政権が「平和安全法制」を衆議院を賛成多数で通過させ、参議院に送りました。 新聞の論調や共産党、社民党、民主党などの野党の動きを見ていると「平和安全法制」により、いかにも戦争がすぐに始まる、徴兵制がまた敷かれる、若い人たちが戦場に送られるなど、この厳しい現在の世界情勢を全く無視し、日本の国を守る、日本の国を存続させないような動きが随所に見られます。 「平和安全法制」をしっかりと整備し、無茶苦茶なことをする周辺諸国から国を守らなければなりません。

私は1974年にカナダのラジオの免許証を取り、オンエアーしました。 皆さんの中にもハムラジオを長く楽しんでおられる方は、当時を思い出されると考えますが、1970年代からソ連の共産主義の政権が崩壊するまで、ソ連のハム局はQSOの時 RST、名前だけしか交換できませんでした。 これは共産主義の政府により電波が規制されて、国内の情報をいっさい国外に出ないように管理されていたためです。 現在、1党独裁共産主義国家の支那、中華人民共和国は東シナ海でフィリピンやベトナムの島々を力で占領し、埋め立て、飛行場まで作っています。 また、日本の領土 尖閣諸島と沖縄を奪取しようと狙っています。 支那にこんな好き勝手なことを力を持ってさせてはいけません。

仮に、支那が日本を攻めてきて占領してしまったら、ハムラジオも今のように自由にオンエアーして楽しめなくなるでしょう。 昔の共産主義国家ソ連のように、RST、名前だけしか交換できないようなハムラジオになってもいいのですか。 チベット、ウイグル、南モンゴルの人達のように支那人、漢民族に殺されたり拷問を受け、自由を奪われ、伝統、文化、言葉を奪われてもいいのですか。 

カナダでも最近中国大陸から来た支那人が沢山増えました。 19世紀の後半、カナダの大陸横断の鉄道を敷設するため、沢山の支那人がその建設の仕事に来て、今ではその子孫たちがカナダに沢山います。 また、日本の横浜の中華街のように、カナダの大きな町には中華街(チャイナタウン)があり、カナダの社会にある程度溶け込んでいます。 どんな小さな町にも、どんな田舎の町にも中華料理店(チャイニーズ レストラン)があり、親しまれています。 ところが、このところ数年はカナダ政府も支那人があまりにも無分別にいろいろな悪いことをするので、支那人を規制しています。  カナダには今までのように簡単に支那人は入国できなくなりました。 

昭和の初期のころ 内田良平 という政治運動家が「支那観」として支那人に以下のように述べています。

(1) 平気でうそを言う。
(2) 平然と恩人を裏切る。
(3) 歴史事実を故意に改変する。
(4) 約束を守らない。
(5) 身内、仲間は大事にするが、外部者は騙す。
(6) 敵を分断し、陰謀を常にしかける。
(7) 自分本位に思考し、自己利益のみを追求する。
(8) 社会構成が「聖人主義」であり、平等思想を認めない。
(9) その地位についたものは地位を利用し、私腹を肥やす。

「おまけ:」  牙を抜かれた平和狼、日本

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s