“ An isolation transformer “ 「アイソレイシオン トランスフォーマー」

2015/08/04            日本語は下にあります。  ve3cgc@hotmail.com   

Subject: “ An isolation transformer “ 「アイソレイシオン トランスフォーマー」

Isolation Transformer

Isolation Transformer


Isolation Transformer

Isolation Transformer


Schematic

I came across an “isolation transformer“ when I was watching about ham radio on You Tube. It is a good device to run antique radios and old radio instrument for safety according to the description. So I quickly made a simplified schematic and built one for testing purpose before building more permanent and good looking set up.

The result was FAILURE because the two transformers I had in my parts box did not generate 120 V on the primary to 120V on the final voltage output, instead of 120V on the input to 115V on the output. The voltage on the output which will run the radios and instruments came out about 10% less that I needed. And also I run my antique oscilloscope with this as test and the screen picture of the oscilloscope was not stable that I satisfied.

The conclusion of this exercise is that (1) more improvement needed, (2) get 120V on the output voltage for running my gear.

I will continue to modify and improve the idea to build one with parts on hand.

Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「アイソレイシオン トランスフォーマー」

私は真空管式のラジオや1960年代、1970年代のシグナル ジェネレーター、真空管式のテスター、オシロスコープなどを持っています。 (将来、これらはいずれ改造してQRP送信機等を自作したり、部品取りにしようと思っています。)  インターネットで「アイソレイシオン トランスフォーマー」の動画を見ていて、古いラジオやテスター類を安全に使う意味で、是非1台持っているといいと薦めていました。  早速簡単な配線図を書き、手持ちの部品で1台組み立ててみました。

結果は {失敗} でした。  2台のトランスを使うのですが、120V 入力で最終電圧は期待した 120V は得られず、 約10%低い 115V しか出ず、これでオシロスコープを動作すると、スクリーンの線(グラフ)が少し不安定でした。 

結論は (1)もう少し改良の必要がある (2)出力の電圧は 120V 得られるようにする。

今回は最終の電圧は若干低いのですが、改良して、手持ちの部品で使えるものを1台自作したいと思い、今後も引き続き、頭をひねってみたいと思います。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」: 
 
最近ギリシャの国の借金問題が新聞をにぎわわしています。  私のごく個人的な経験ですが、ものを借りて平気で返却しない国の人があります。

チリ人に子供の本とコンピューターゲームを貸したのですが結構長い間(1年以上)変換されずじまいでした。  私の感覚からすると用が済んだら普通はすぐに戻すものですが、催促したら、チリでは貸した人は借りた人の家に行き物を取り返すようにして返してもらうようです。 私のこのケースでは貸したものは壊れ、返してもらっても使いものになりませんでした。 以後我が家ではチリの人とは付き合いません。

私はカナダに来てもう半世紀近くになりますが、昔の話で、インド人に私がいろいろなところで写した写真を見せたところ、写真を貸してくれと頼まれ、そのまま貸したのですが、2ヶ月くらいしても帰ってこなかったので、当人に催促し、返してもらおうとしました。  ところが当人は何も借りてないと言い張り、写真は最後まで帰ってこなかった経験があります。  

もうだいぶ昔の話ですが、私が学校で勉強していたころ、これもインド人の学生に私の参考書を貸した時がありました。 必要な本だし、カナダでは参考書は結構値段も高かったので(たぶん4千円から5千円くらいしたと記憶しています)、しばらくたってから催促し、ようやく返してもらいました。  同級生の別のインド人学生とこの話をしましたら、インドでは 「返す」 という単語は無く、普通、物を貸すことは 「あげる」 ことを意味すると言っていました。  これで私も納得したのですが、これまでの経験から、インド人にものを貸すことは返ってこないことと肝に銘じなければいけません。 インド人の中にも正直な人にもあっていますので、インド人全部にこの件は当てはまらないと思っています。 でも注意しましょう。

もうひとつ、支那人はよく物を借りに来ます。 貸しても返ってきますが、結構壊れて物が返ってくるケースを経験しています。 どこのお店にも沢山売っており、値段も高い物ではないものでもよく借りに来ました。 必要なものは自分で買って使えばいいものとしばしば感じたことがありました。 カナダは移民の国で、世界中から来たいろいろの国の人が住んでいます。 日本人には手も足も出ない、途方もない人たちが沢山いることを頭に置いておく必要があります。 

「おまけ」  The 2009 Straight Key Night by WG0AT
Please try to copy my CW in there.

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s