“ A homebrew 80m band vertical “ 「自作 80mバンド 垂直アンテナ」

2015/10/02   日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com
 

Subject: “ A homebrew 80m band vertical “ 「自作 80mバンド 垂直アンテナ」

Rod bottom part & ground ロッド設置部(左端)

Rod bottom part & ground
ロッド設置部(左端)

Rod, golf ball retriever

Rod, golf ball retriever

Loading coil tuner

Loading coil tuner

I kept a broken golf ball retriever aluminum rod, 4.5m long (45 ft long), for years. I wanted to use this rod for making a vertical antenna and this year I finally got serious to homebrew an 80m vertical antenna.

The loading coil: I used a cap of “ Tide “ liquid soap, 63mm diameter, and 28 turns, resulting in 46 micro H. As I live in a small town, any coils have to be homebrewed. I modified the coil I made with taps so that the SWR can be set optimal.
The measurements below show the optimal value at the tap of 10.5 turns. I used the MFJ-259B antenna analyzer to take the measurements at the bottom of the rod.

At 3.520Mhz, SWR=2.3, R=24 ohms , X=15 ohms
At 3.530Mhz, SWR=2.3, R=24, X=13
At 3.535Mhz, SWR=2.2, R=24 , X=12
At 3.540Mhz, SWR=2.2, R=24 , X=11
At 3.550Mhz, SWR=2.2, R=24 , X=10
At 3.560Mhz, SWR=2.2, R=25 , X=9

I tried to go on air from the transceiver set at in my radio shack in the house. The SWR was increased to approximately 4:1 and I needed to use an antenna tuner so that I could successfully make a QSO with K0TQ with339 with 5watts out.

I am not happy about this result and outcome. So I will try to improve the 80m vertical antenna system in the future, hopefully I can eliminate the antenna tuner.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

EXTRA: The Yasukuni Shrine

In Japanese: 「自作 80m 垂直アンテナ」

私はゴルフをしていて、ボールが池などの水に入った時ボールを拾うのに、所謂、リトリーバー、拾うのに使う棒(アルミ製,4.5m長、先端に2mm径の溶接棒1m長、全長は約5.5m)、でゴルフボールを拾いました。  この棒は先端におちょこのようなプラスチックのすくうものが付いておりましたが、これが壊れ、使えなくなり、捨てるにはもったいないので、垂直アンテナを作るのにこのロッドをとっておきました。

本年、夏に80m垂直アンテナを作りました。  ベースにローディングコイルを使う、普通のアンテナです。  コイルは洗剤のふた(63mm径、銅線28巻き、46マイクロH )を使い、給電点のインピーダンスのマッチングを取るためコイルにタップを10.5巻きにとりました。  MFJ 259Bで計測の最良の結果は以下の通りです。

周波数 3.520Mhz, SWR=2.3, R=24 ohms , X=15 ohms
周波数 3.530Mhz, SWR=2.3, R=24, X=13
周波数 3.535Mhz, SWR=2.2, R=24 , X=12
周波数 3.540Mhz, SWR=2.2, R=24 , X=11
周波数 3.550Mhz, SWR=2.2, R=24 , X=10
周波数 3.560Mhz, SWR=2.2, R=25 , X=9

ところが家の中のシャックのトランシーバーで送信すると SWRは 約4:1 くらいとなり、アンテナチューナーでSWRを1:1とし、テストQSOは5ワットで当局より530km離れたK0TQ より339のリポートをいただきました。 今後は時間をかけてこのアンテナをさらに改良しチューナーなして使えるアンテナにしたいものです。 

73.
林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

シリアの難民(実はこの人たちはもっとよい生活を求めて移動する 移民 だと思います)について一言書きます。

カナダでは来月10月中旬にカナダ全土で国会議員を選ぶ選挙が予定されています。  カナダは政治難民を受け入れてきました。  つまり、政治的な理由、例えば、自分の国に政変が起きたり、自分の政治信条で身に危険がある時などカナダでは受け入れされ、言葉の訓練から、衣食住の費用をカナダ政府が負担して、かなり長期にわたり、独り立ちしてカナダで生活できるまで援助します。 このような寛容な国ですから、不正をしてまでこのシステムを悪用する人が沢山カナダに入ってきます。 以前、ソ連が崩壊した時の難民は、夏の休暇を取るのに旅費いっさいを与え、ソ連に帰国し楽しく遊んできた難民が沢山おりました。 最近では、中東やアフリカからの難民が多く入ってきており、この人たちには子供一人につき毎月エクストラに、子供手当として金額は正確ではありませんが、一人毎月10万円???とか、が出ているようです。 中東やアフリカの人は子供が多く結構な金額になりますが、人の子供も連れてきて家族に登録し、余分に手当をもらう人もいると聞いています。 電気洗濯機、乾燥機、冷蔵庫なども人によってはもらえる人もあるようです。

いま、シリアからヨーロッパに大量の難民が移動して、ドイツなどに向かっていますが、カナダの3大政党ではこの選挙のため、多分、票を確保するためでしょうが、党により違いますが1万人にから2万5千人受け入れる話が出ています。  単純にその費用を計算しますと、難民一人毎月、少なくとも衣食住で25万円かかるとして、250,000円/月 x 12か月 x 10,000人 =3,000 億円 にもなります。  (私の計算が間違っているかもしれませんので検算してみてください、とにかく膨大な数字になります。)

カナダでは専門高校や大学に行く子供達は、普通、銀行から借金をして勉強する子供たちが沢山います。  その借金(平均500万円から1千万円です)は卒業して仕事に就いてから返済を予定しているのですが、返済するだけ十分な給料をもらえない子供たちが本当に大勢いるのが現状です。 CANADIAN FIRST 、カナダ人をまず、第一に考えてもらいたいものです。 カナダでは朝、食事も出来ずに学校に行く小学校、中学校の子供達もいます。 カナダ政府にはこのようなカナダ、自国の子供たちをまず先に暖かい手を差し伸べてもらいたいものです。 自国の守りを固めてから、シリアなどの外国の人に手を差し出す分には一向にかまわないと思います。  

「おまけ」 親日な国

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s