“ My 80m band vertical, part 2” 「80mバンド垂直アンテナ その2」

2015/10/12         日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ My 80m band vertical, part 2” 「80mバンド垂直アンテナ その2」

the base of 80m vertical

the base of 80m vertical

80m vertical 002

I wrote the article of my 80m vertical on Oct 2, saying the antenna I homebrewed required some more improvement. Today, I am writing the improvement I have made on the same vertical and the result was not satisfactory requiring a tuner to go on air. I will not try further improvement this year because the winter is approaching and getting cold to work outside for me.

The following description was what I did.
(1) The tuning adjustment set up:
The rod was connected to a valuable condenser, and then connected to the homebrew loading coil, then my MFJ analyzer of which grounding was connected to the antenna grounding. Please note that the valuable condenser was connected in series. The valuable condenser was adjusted to try to achieve the best SWR. In the permanent setup, a coax cable will be connected to my transceiver in the radio shack, instead of the MFJ analyzer.
(2) The first adjustment:
The following result was obtained at the valuable condenser measured at 121pF.

At 3.520Mhz, SWR=1.2, R=59 ohms , X=9 ohms
At 3.530Mhz, SWR=1.2, R=62, X=0
At 3.535Mhz, SWR=1.2, R=62 , X=0
At 3.540Mhz, SWR=1.2, R=65 , X=0
At 3.550Mhz, SWR=1.3, R=68 , X=0
At 3.560Mhz, SWR=1.3, R=70 , X=0

(3) The final loading coil set up:
I replaced the valuable condenser of 120pF with a piece of coax cable of which value was 120pF. When I installed the straight length of coax cable, the loading coil system was tuned at 3.189Mhz, not 3.535Mhz which was my target frequency. By an accident, I found that the tuned frequency could be obtained by winding the coax cable. This is something I came across that I have never experienced before. The tuned frequency of 3.535Mhz has achieved on the wound coax cable with the diameter of about 9cm (3 1/2in). The measurements by my MFJ analyzer were as follows:

At 3.500Mhz, SWR=1.6, R=57 ohms , X=24 ohms
At 3.520Mhz, SWR=1.4, R=62 ohms , X=14 ohms
At 3.530Mhz, SWR=1.3, R=64, X=7
At 3.535Mhz, SWR=1.3, R=65 , X=6
At 3.540Mhz, SWR=1.3, R=67 , X=0
At 3.550Mhz, SWR=1.3, R=70 , X=0
At 3.560Mhz, SWR=1.4, R=73 , X=0
At 3.600Mhz, SWR=1.8, R=90 , X=19

(4) The results:
I used my Kenwood TS570 on 80m band to go on air for testing. I had to use a tuner on the 80m because the SWR at the radio shack was about 3:1 and it was high requiring more low SWR. I can not figure out , perhaps the length of feed coax cable may not be a 1/4 of one wave length resulting in the high SWR reading. So I had to use a tuner on this band for QSO. This was disappointing but at my QTH the air is getting cool and I decided to leave this antenna as is next while.

73.
Hiro Hayashi VE3CGC, ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA” The English words created by Japanese

In Japanese: 「80mバンド垂直アンテナ その2」

今月初め、10月2日に今製作中の80mバンド垂直アンテナについて報告いたしました。 同調周波数 3.535Mhz 近辺で SWRが自分の納得できる数値ではないので、更に手を入れ、工夫し、以下の結果を得ましたので、報告いたします。

(1) セットアップ
調整に当たり、同調周波数 3.535Mhz にするため、まず、可変コンデンサーで最良のSWRを得てから、コンデンサー容量をメーターで測定し、これを同軸ケーブルで置き換えることで、最終のセットアップとする。  ロッド下部に可変コンデンサーを直列に接続し、更にローディングコイルにつなぎ、MFJ アンテナアナライザーに接続し、アース(英語ではgrounding)につなぎました。  MFJ アンテナアナライザーで最良のSWRを得てから同軸ケーブルをつなぎ、トランシーバーでオンエアーする。

(2) 調整 その1
可変コンデンサー 121pF.で 周波数3.535Mhz でSWR=1.2 を得ました。  測定結果は上の英語の(2)に記述しました。

(3)最終のセットアップ
手持ちの同軸ケーブル 120 pF を可変コンデンサーの代わりに取り付けました。 ところがこの同軸ケーブルで同調周波数は3.189Mhz となり、3.535Mhzには同調しませんでした。  いろいろ試した結果、偶然、同軸ケーブルをコイル状にすると同調周波数が 3.535Mhz でSWR=1.3 となり、コイル状にした同軸ケーブルをビニール絶縁テープで巻き、しっかり止めました。  これは新しい発見で、今までは同軸ケーブルの長さを変え、(切断して)最終の同調周波数に落とし込んできました。 コイル状にすると何回も調整でき、最終周波数を得るのに安心して確実に出来ます。  上の(3)の英語の部分に計測結果を示してあります。

(4)送信の結果
ラジオシャックより送信のテストをしましたが、ラジオシャックではSWRは3:1くらいで期待したSWR1.2とか1.3のような具合には行きませんでした。 この原因はどこにあるかよくわかりませんが、多分、アンテナから送信機までの同軸ケーブルの長さが1/4ラムダーの長さではないのが原因かもしれません。 私のQTHでは9月下旬から10月上旬になると気温も下がり、雪は降りませんが私には外で長い時間アンテナの作業をするのには、ちょっと向かないので、今回は一応この辺で打ち切り、チューナーで同調を取りオンエアーすることといたしました。

林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「おまけ」:  VRY TNX TAIWAN FOR THE SUPER BIG DORNATION TO THE 2011 TSUMAMI AND EARTHQUACK ATTACKED THE NORTHEN JAPAN.  台湾謝謝。
And also I hope that 蔡英文 (民主進歩党)will win on the 2016/01/16 election.

「ここだけの話ですが」:

2015年10月8日のテレビニュースですが、ソウスカロライナ州(アメリカ東海岸の州)で台風の接近による大雨で、70個のダムが決壊の危険にさらされ、このうち14個のダムが壊れ、下流にあった住宅に相当の被害が出たとのことです。

アメリカではよくニュースになりますが、橋や堤防、高速道路、ガス、電気 など公共の施設の保守点検、修理が十分されず、相当の個所のこれらの施設が使うのには安全でないところが多いようです。 カナダでも大きな事故はありませんが、状況は似ています。  この原因は毎年予算を十分とれず、先送りされているのが一番の問題点のようです。 日本でも近年この類の事故がありますね。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s