“The SKN 2017” 「ストレート キー ナイト 2017」

2017/01/07           日本語は下にあります。  ve3cgc@hotmail.com

Subject: “The SKN 2017” 「ストレート キー ナイト 2017」

Hallicrafters HT-18 QRP transmitter

Hallicrafters HT-18 QRP transmitter

My HT-18 set up

My HT-18 set up

Hallicrafters HT-18, inside

Hallicrafters HT-18, inside

I participated in the straight key night, SKN, for the 2017 new year’s day. I enjoyed going on air for the SKN in the past years. But the situation became different this year. The result was very poor and I could not make any QSO on 40m band.

My set-up:
Transmitter The Hallicrafers HT-18, power 5 watts out.
Receiver The Kenwood TS-450S.
Antenna A homebrew 40 meter loop, up about 6m above ground.
Key A homebrew straight key, published in the QST, September 2006 issue.
Coax cable witch A homebrew using a knife switch.

During the operation on 40m band, I heard K5YAA, N1GKE, AD0AB. I tried to make QSOs with these stations but not successful. I guess that the conditions were not so great and my power was not big enough to make the SKN contacts. Also I noticed that on the band the number of stations on 40m was limited.

73 all.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA” A unique Japanese entertainer called “Pico Taroh” appeared and became a big star in 2016 in Japan.

In Japanese: 「ストレート キー ナイト 2017」

毎年お正月には ARRLのストレート キー ナイト(straight key night)に参加し、楽しんできましたが、今年は全く成果が上がりませんでした。  40mバンドに出ましたが、コンディションも悪く、私の送信機QRPではコンタクト ゼロ の成績に終わりました。

K5YAA, N1GKE, AD0ABが聞こえ、QSOを試みましたが、全くダメでした。 バンド全体に出ている局も少なく、今まで経験したことがないほど静かでした。 残念です。

私の装備:
送信機  ハリクラフターズ  HT-18 (Hallicrafers HT-18) パワー5ワット
受信機  Kenwood TS-450S
アンテナ 自作40mフルサイズ ループ
キー   自作縦ふりキー
同軸ケーブルスイッチ  自作

73.
林 寛義  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「おまけ」:  毎回、日本に行く時は必ず新幹線に乗り、鉄道を楽しみます。 カナダの鉄道とは比較になりません。  また乗りに行きます。

「ここだけの話ですが」:

今回は一般的に私が気が付いた白人について書きます。 以下は私の私見です。

皮膚: 女性は日本人と比べると色は白いという印象がありますが、日本人の女性も本当に白く、皮膚のきめが細かく、決して負けません。 白人の女性は年を取ると、しわくちゃの皮膚の人が普通です。 特に、白人は夏の間に、肌を日に焼く人が多く、結果として年を取ると醜いほどしわくちゃになります。 50歳以上の女性についてはその差が顕著で、普通、外に出て太陽にさらされている皮膚、例えば顔、腕、足などは、私からすれば、とても見にくいです。 同じ年の白人女性と日本人女性のこれらを比べるとその差は極めてはっきりわかります。

足の爪: アメリカやカナダでは女性の足の爪を切ったり、洗ってくれる専門の美容の店が流行っています。 どのショッピングセンターにも1軒や2軒は必ずあり、結構混んでおり、沢山の白人女性が利用しています。 私の私見ですが、白人は背が高く、足の長い女性が多く、日本人のようにお風呂に入らない人が多いこともありますが、自分の足の爪を切ることは大変なようですし、足をきれいに洗えない人も多いようです。 また、外でよく見るのですが、白人の女性は冬を除いて、ほとんど裸足でサンダル履きの人を頻繁に見かけます。 日本人ですと足が汚れた時は足を洗いますが、白人の女性は果たしてどうなのでしょうか。 美容のお店が流行っているのを見ると、案外洗わない人も多いのではないでしょうか。
これらの美容の店はアジア系の人が沢山働いています。 カナダではこの国に入ってきた人はいきなり資格が必要な、給料のいい職業にはつけないのが普通です。 従ってこれらの人たちがすぐ手に入る職はこのような美容の店が格好の場所となり、手が器用なアジア系の人が多いと考えられます。

瞼(まぶた): 私の周りの白人女性は「まぶた」を手術した人は多いです。 理由は年を取ると瞼の皮膚は伸び切り、たるんでくる人が多く、目にかぶさってきて見えなくなるそうです。 このような人は手術をして目を開かないといけませんので、手術をするわけです。  白人は日本人より皮膚の張りがないので、年を取ると目の皮膚がたるんでくるのはわかるような気もします。 

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s