“ a continuity test” 「通電テスト」

2017/02/01         日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ a continuity test” 「通電テスト」

My digital multimeters

My digital multimeters

Elenco LCM-1950

Elenco LCM-1950

We do a continuity test by a digital multimeter. The digital multimeter has two deferent types, one has a beep setting and the other has no beep setting using an ohm measurement.

I conducted a little experiment for the continuity test measuring the ohms. The instruction book for my Elenco LCM-1950 shows that the beep can be heard when the ohms for the test are 40 ohms + 20ohms or 40ohms – 20 ohms. That means that the beep can be triggered between 60 ohms and 20 ohms.

Also the instruction book of my NexXteck multimeter says that the built-in buzzer, beep, will sound when the resistance is lower than 50 ohms.

My experiment:
Using the Elenco LCM-1950 multimeter, the beep could be heard at the resister measurement of up to 25 ohms and no beep could be heard when the ohm measurement exceeding 25 ohms.

My conclusion:
For this little experiment, when you do the continuity test using a digital multimeter with the resister measurement, as a rule of thumb, it is considered as “continuity” when the register measurement is up to 25 ohms. When the measurement is exceeding more than 25 ohms, it is safe to say not continuity requiring further check.

Also, you should recognize that the multimeter has a deferent tolerance depending on the manufacture of the multimeter and the multimeter itself. When the resister measurement is, say, 5 or 10 ohms, relatively small number, it is safe to say it is in ” continuity”.

Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA”   “ Introducing Japanese Train Stations & Tickets”
When you visit Tokyo, this site is very useful to watch. Please note the convenient train network in Tokyo.

In Japanese; 「通電テスト」

テスターを使って通電テストを私達は時々行います。 今回私はデジタル式テスターを使って実験をしました。 

私の持っているデジタル式テスター Elenco LCM-1950 は通電テスト用のビープ音はついており、説明書によると40オーム+20オームまたは40オームー20オーム、つまり60オームから20オームの間の測定値の時は 通電正常 のビープ音が鳴ります。 こう一つのNexXteck テスターの説明書では50オーム以下の時はビープ音が鳴るように作られています。

私の実験:
今回はElenco LCM-1950を使いました。  25オームまではビープ音が鳴りましたが、25オーム以上高い値ではビープ音が鳴りませんでした。

今回の結論:
私の今回の実験より、デジタル式テスターでビープ音がないテスターではガイドラインとして、25オーム以下の測定値が表示されているときは、 「通電正常」 と考えてよろしいと思います。  25オーム以上の時は通電と判断する前に、もう少し、注意する必要があると思われます。 

林 寛義 VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「おまけ」:

「出光佐三」

「日章丸」

「ここだけの話ですが」:

最近は「リストラ」という言葉が新聞、テレビ、インターネットでよく目にします。 アメリカ、カナダでは「リストラ」も使われますが「レイオフ」の方がもっと頻繫に、またごく普通に使われているようです。 日本では以前「終身雇用」の時代が長く続きました。 世の中も落ち着き、「人間尊重」、「一致団結」が基本にあった日本社会が飛躍した時代でした。

白人の社会では自己中心、白人優位、人種差別などが基本ですから、会社の運営、会社経営の基本になるのは「レイオフ」です。 景気が悪くなると会社の運営を安定させる一つの手として、人員整理、つまり「レイオフ」が始まります。

社会的に見てその影響は非常に大きく、悲惨な事件が本当に沢山起こり、アメリカ、カナダでも「レイオフ」された会社で働いていた人が、直接の上司をピストルやライフル銃で撃ち殺した事件は数えきれないほどです。 また、「レイオフ」された会社で働いていた人が会社の建物に放火したり、爆弾を使って建物を破壊した事件も過去に数多くあります。

日本では1945年、大東亜戦争が終わって、日本社会の立て直し、経済の復興を行ってきました。 私たち日本人はこれらを誇りに思いましょう。 上の「おまけ」の動画を見てください。 私達の先輩の日本人の方々の行動をこの動画をみて、私は感動しました。 

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s