“ The Daiwa PS-304C “   「ダイワPS-304Cの応急修理」

2016/04/20           日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ The Daiwa PS-304C “   「ダイワPS-304Cの応急修理」

Daiwa PS-304C  power supply

Daiwa PS-304C
power supply

Daiwa PS-304C 4 variable registers, malfunctioning

Daiwa PS-304C
4 variable registers, malfunctioning

I have been using the Daiwa PS-304C power supply for about ten years and a week ago the power supply became malfunctioning so I could not run my rigs. The PS-304C did not generate the power at all although the switch could be on.

I found the following sites describing how to repair it. I like to mention how I did the temporally fix which may be useful for some of you in the same situation. I live in a small town in Canada where no radio parts are sold and available. Apparently the PS-304C mainly causes the problem on the four variable registers in the unit. The websites below although in Japanese will convey where the problem occurs and how to repair it by replacing the four variable registers.

http://psk31.cocolog-nifty.com/digitalmode/2012/09/daiwa-ps-304-3d.html

http://take103.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

http://blogs.yahoo.co.jp/foxinout2002/33583513.html

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/iaasada/restore_other/ps304a.html

My temporary repair I performed:

Please identify the four variable registers by going through the above websites. My temporary fix is simple, not requiring replacing the four variable registers. I lubricated the four variable registers with the general purpose oil with a half drop for each variable register. Make sure the amount of oil is not too much. Leave it for about an hour or so. In my case the power supply became functioning generating 12.75 volts DC. In the future I will try to repair the unit with the four variable registers replaced permanently.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「ダイワPS-304Cの応急修理」

私の電源 Daiwa PS-304C が突然故障してしまい、トランシーバーが使えなくなってしまいました。 上の英語の部分にある日本語のサイトを参照して、故障個所に当たりを付け、半固定抵抗 4個に油を半滴たらし、約1時間放置し、油が回ってからスイッチを入れ、13.75Vを確認し、私の応急修理を終わりました。  私はカナダの田舎町に住んでいるので、修理に必要な部品が買えませんので、とりあえず部品をそろえるまで、このままで使うこととします。

73.
林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ A QRP power meter “ 「 QRP パワーメーター 」

2016/04/01    日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ A QRP power meter “ 「 QRP パワーメーター 」

mtr1

mtr5

Schematics-QRP pwr mter

Schematics,  QRP power meters

Schematics,
QRP power meters

I came across an article of designing a QRP power meter by AA5TB. It described the design steps with a built-in meter. I have a dozen of meters I can use for the meter including a volt ohm meter unit.

http://www.aa5tb.com/qrpmeter.html

I tried to make one, but the power meter I homebrewed was not successfully assembled this time (a failure project) because the needle of the meter moves about a quarter of the full scale with 5 watts for the maximum power output. So I need to spend more time to correct the problem. The needle of the meter should have moved full scale with 5 watts of input. I will continue to work on and correct the problem.

I have made a simplified QRP power meter before and the meter has to be measured the voltage with a volt ohm meter on the output point and then calculate the power level based on the voltage measured. From my opinion, this simplified QRP meter is relatively accurate even though the power level can be not read directly. I show the schematics and pictures of the power meters I homebrewed for your reference.

73.

Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA” “The Japanese hand washing culture” I often see lots Canadians and Americans not washing hands before eating and after going to wash room. By washing hands, catching cold and food poisoning can be prevented.

In Japanese : 「 QRP パワーメーター 」

私の手元には10個以上のメーターやラジケーターがあります。 先日 AA5TB のサイトに QRP パワーメター の作り方があったので、1台自作してみました。 5wでメーターの針がフルに振るように計算して抵抗を使いましたが、1/4 くらいしか振れず、失敗作でした。  現在デザインの計算式や検算をし、原因がどこにあるのか確認検討中です。

以前メーターなしの簡単なQRP パワーメターを自作しました。  出力の電圧をテスターで測り、計算でパワーを求めるものですが、このやり方のほうが簡単にメーターが自作でき、確実で、しかも安上がりのメーターでした。 私はこの簡単な パワーメター を勧めます。 参考のため、今回は配線図と写真を添付します。

はやし ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:  
今回は最近オンタリオ州政府が計画している マリワナ販売 について書きます。

オンタリオ州では酒類は州政府が一手に販売し、税金を取っています。 ところが州政府は麻薬とされている マリワナ を州政府の酒屋(リカー ストア)で販売しようという話が持ち上がっています。  アメリカのミシガン州も同じような話が持ち上がっていますが、酒屋で販売し、金を儲けるのはいかがなものかと思いますが、税金の一部としてマリワナを売るのは大きな問題があると思います。 お金を儲けられれば何をやってもいいわけではありません、子供たちへの影響も考えてほしいです。

ご存知のようにマリワナは麻薬ですが薬としても効果があるようで、薬の一部として販売する考えもあると聞いています。  金を儲けるのならば何でもありでは困ります。 それでなくても、今、学校に通う子供たちの間でマリワナを吸っている生徒がいます。 社会に混乱を招くばかりでなく、子供たちの将来も破壊してしまうようなことを大人たちが、政府がしてはいかがなものかと思います。

「おまけ」:  どうやら白人社会では手を洗う習慣があまりないようです。 上のURL “EXTRA” をみてください。 ヨーロッパは水が少なく、日本のように温泉が豊富にあったり、きれいな水が小川に流れていたり、飲んでおいしい井戸水があったり、日本ではごく当たり前のことが白人社会では歴史的になかったようです。 アメリカやカナダでは、飲み水はお店から買っているのが普通です。 日本でも水を大切にしてください。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“The W3DZZ antenna making, continued” 「(続」自作W3DZZマルチバンドダイポール」

2016/03/01        日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “The W3DZZ antenna making, continued”
「(続」自作W3DZZマルチバンドダイポール」

link coil

linkcoil02

I started homebrewing the W3DZZ multiband dipole in October, 2010. To date it is not completed yet, Hi Hi. I run into the following two problems. The first one was the trap coil making and the second one was to build and put together the dipole antenna because I have never had experience for making multi-bander antenna. In the past, I wrote the articles of making W3DZZ antenna in my blog. This year I want to use and try this homebrew antenna for the ARRL Field Day. My plan is CW QRP on 20m and 40m.

In Canada, winter will stay here till March and from April I can go outside to work on the antennas. At present, I am concentrating on making the trap coils using coax cables. The pictures are shown. Also today I like to describe the homebrew adaptor , ( link coil) to measure the resonant frequency by MFJ259B.

About two years ago, I came across a Japanese ham operator experimenting the homebrew adaptor, (link coil) for the MFJ259B and I have made a half dozen of link coils for experiment to measure the resonant frequency of trap coils. This experiment has been carried out for the HF frequencies in ham radio bands, and nothing has been done for the VHF and UHF frequencies. The following is the summary of the experiments, showing the best result. Please refer to the attached pictures.  

The link coil with the best result:
Wire used AWG 16 (The thinner diameter wire may work better than #16.)
Diameter 40mm of the ring
No. of turns 2 turns

The test resonant frequency measurements: A newly made coax cable trap coil (No. 1)
By MFJ259B 13.884 Mhz (SWR 1.0)
By Kenwood DM 801 13.862 Mhz
By Heathkit GC-1B 13.895Mhz

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“ EXTRA”  The Japanese Udon Noodles.  美味しいうどんです。  When I was in Japan, I often enjoyed UDON noodles described here in the video. It is explained both in English and Japanese.

In Japanese: 「(続」自作W3DZZマルチバンドダイポール」

W3DZZマルチバンドダイポールを自作し始めてから、今年で6年も経ちましたが、まだ出来上がっておりません。  今カナダでは冬ですが、本年のフィールドデイに20mと40mバンドに使いたいと思って、また作業を始めました。

今までトラップコイルの製作とアンテナ全体を2周波数にうまく同調を取り、アンテナにまとめられませんでした。  フィールドデイは6月の下旬ですので、それまでに完成したく頑張るつもりです。

今回のブログの主題はトラップコイルの同調周波数をMFJ259Bで測れるように、自作のアダプター(リンクコイル)を日本のハムの方が以前、実験された記憶をもとにリンクコイルを6個くらい作り、実験し、一番、結果の良いものを以下に記述します。 今回の実験はHF周波数だけで行い、VHFとUHF周波数では行っておりません。

リンクコイル:  添付の写真を参照ください。
銅線   AWG 16 (手元にあったので使いましたが、これより細い銅線の方がよいかもしれません。)
リングの直径   40mm
巻き数     2巻き

同軸ケーブル(RG-59)で今回作ったトラップコイルの同調周波数の測定:
MFJ259B 13.884 Mhz (SWR 1.0)
Kenwood DM 801 13.862 Mhz
Heathkit GC-1B 13.895Mhz

73.

林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:  

今回は、 拳銃について書きます。

その1  “ Open Carry Gun オープン キャリー ガン “ とは拳銃をそのままベルトなどに携帯用ケースをつけて、自分は拳銃を持っているぞとばかりに大っぴらに持ち歩くことを言います。  昨年アメリカ、テキサス州で州政府が認めた条例です。  簡単に言えば、日本で警官が制服の腰の位置のベルトに拳銃を持っているようなものです。  仮定の話ですが、テキサスでは例えば、お店に客が拳銃を腰にぶら下げて、買い物に入るようなもので、店の人も、あるいは、たまたま店に買い物に来ていた他の客も驚くでしょう。 同様に、お店の人も拳銃を腰にぶら下げていても違法にならないのです。  また、ショッピングセンターで、沢山の人が腰に拳銃をぶら下げて買い物に出かけたり、また、店の店員が腰に拳銃をぶら下げて客の応対をしていたら、どのような雰囲気になると思いますか。 想像するだけでも滑稽ですが、本当に異様な状況になると思いませんか。

その2  アメリカ太平洋岸のある町の交差点で、2台の車が赤信号で止まっていました。 そのうちの1台の運転手が拳銃を手にし、もう一台の車の運転手に発砲し、大けがを負わせて、逃走し、走り去ってゆきました。  このような事件は以前にも何回も聞いたことがあります。 銃社会のアメリカではごく普通の事件なのです。

その3  ミシガン州のデトロイトにある、さる自動車メーカーの研究所で起きた事件です。 ある朝、研究員の女性がこの研究所の建物で暴漢に襲われナイフで数か所、刺されました。  これを見た研究所の男性研究員が、職場に持ち込んでいた自分の拳銃を取り出し、暴漢に複数回拳銃を発射し、暴漢はケガをし、とらえられました。  研究員の女性は、病院に搬送され、命は助かりました。  会社側のとった処分は、男性研究員は即解雇処分になりました。  あなたはこの事件全体をどう思いますか、あなたはこの男性研究員の解雇処分をどう思いますか。

「おまけ」  新幹線にまつわるお話

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ The grid dip meter , part 2 “ 「ディップ メーター、その2」

2016/02/03     日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ The grid dip meter , part 2 “ 「ディップ メーター、その2」

Heathkit GD-1B

Heathkit GD-1B

Modified the GD-1B

Modified the GD-1B

Previously I have up-loaded an article of old dip meters on 2014/05/09 on my blog. My radio mentor, VE3DFU, Gil, gave me an antique Heathkit GD-1B grid dip meter late last year. And I opened up the unit to do a kind of repair and adjustment because of the age of the unit. While I was working on it, unfortunately I broke the thumb wheel tuning readout which is not accurate and not precise enough. I decided to make some modification as shown the pictures I attached on my blog so that it can be used because the main unit was functioning.

As you can see, the vintage grid dip meter has no digital frequency indicator and instead I used my transceiver, Kenwood TS-450S, to read the resonant frequency since the grid dip meter, a kind of oscillator, generates the R.F. frequency. This way I can read the frequency much easier and more accurate on a transceiver frequency readout. I recommend this idea to try if you use a vintage grid dip meter. The URL below shows how to use the Heathkit GD-1B grid dip meter if you want to understand the operation of the meter.

http://www.radiomanual.info/schemi/ACC_instrument/HeathKit_GD-1B_user_WA0KKE.pdf

73.

Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「ディップ メーター、その2」

2014年5月9日の私のブログにTrio DM-801 (Kenwood), Eico710 のディップ メーターにつき書きました。  昨年末、ローカルのVE3DFU より、ヒースキットGD-1Bという真空管式の古いディップ メーターをもらいました。 古いものなので、テストや調整をするためふたを開け、作業中に誤って同調周波数を読むダイアルを壊してしまいました。

本体は十分機能するので、添付の写真のように改造し使っています。  古い真空管式なので同調周波数は紙にしるされた周波数の目盛りを頼りに周波数を読むのですが、最新のデジタル式の周波数計はついてなく、同調周波数でメーターの針がディップ(ぴくっと動く)するのですが、周波数を目盛りで読むときの正確性も劣るし、使い勝手も劣るので、まだ十分機能する本体は添付の写真のように改造し、メーターから発信する同調周波数をトランシーバーでその発信周波数を読み、正確性をえることで、そのまま使うこととしました。  私の場合、古い送信機、受信機、計測機器など壊れた時は部品を取って将来のプロジェクトに必要な部品としています。

上の英語に部分にHeathkit GD-1B の使用説明書(英語ですが)ありますので、詳細についてはクリックしてみてください。 使い方を十分理解し、慣れると古いディップメーターでも結構実用になります。  春になったら、裏庭で自作のアンテナの同調周波数を測ってみたいと思っています。

73.

林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

カナダは経済的に豊かな国のイメージがあると思いますが、ほかの国と変わりません。  ホームレスもいればお金に困って、子供たちに十分な食べ物を用意できないでいる親も沢山います。  前回ここに書きましたが、25,000人のシリア難民(いい生活を求める経済難民と呼ぶ方が適切かとも思いますが)を受け入れを表明しました。 また、今年に入って2016年中には25,000人から全部で50,000人が入国してくるとのニュースもあります。 

先週のテレビニュースでは、トロント市の政府補助による公共アパートはとても古くなり、建物の柱や骨組みが腐ったりして、崩壊の危険もあると知らされました。  そのとき同時に、シリア難民の人たちが入っている宿泊施設、入国後の生活の様子などが放送されました。 シリア難民の人たちの方がはるかに恵まれた、裕福な扱いを受けている様子で、私は何か違和感を覚えました。  政府はやはりカナダの人々をまず、第一に考え、手を差し伸べるのが先と思いました。  カナダの若い人々は安い給料しかもらえず、その中から税金を引いての残った手取りは決して十分ではありません。  このように些細な不満がたまってゆくうちに、悪い道へと進んでしまう人もいるでしょう。  

今のトルドー首相はお父さんはピエール トルドー元首相の子供で、親からの財産を何百億円と引き受けた人で、普通の人々の苦しさをわかってカナダのために政策をしている人には、どこか欠けているように思えてなりません。  カナダに入国したシリア難民の人々の今後と、トルドー政府の今後を見守ってゆきたいと思います。

{おまけ}:  はやくち言葉

“ EXTRA” Tongue twister , this is fun to watch. Please click in.

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“The 2016 Straight Key Night” 「2016年ストレート キー ナイト」

2016/01/09          日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “The 2016 Straight Key Night” 「2016年ストレート キー ナイト」

My Meissner Signal Shifter EX, 7watts of output

My Meissner Signal Shifter EX, 7watts of output

My SKN station set-up, 2016

My SKN station set-up, 2016

J-37 Key

J-37 Key


I participated in the 2016 Straight Key Night (SKN), on Jan. 1, 2016. This is my annual event myself and this year I made a schedule with N4QA for QRP CW QSO using the Meissner Signal Shifter EX (1948 made) transmitter by both stations and the following QSOs were successfully made on the 40m band.

My set-up: Transmitter=the Meissener Signal Shifter EX , 7watts of output
Receiver= Kenwood TS-450S
Antenna= a 40m full size loop
Key= J-37 military straight key

W9UCR: Time=12:26 UTC, RST=599 / 559 for me. The QSO was made as a check in on the Waterway CW Net. Freq.=7.047Mhz

N4QA/qrp: Time=12:58 UTC RST=599 / 569to599 for me  Freq.=7.04262Mhz
Transmitter=the Meissener Signal Shifter EX ,
Receiver= the RME 45 communication receiver (1946 made)
Antenna=not known
Key= J-38 military straight key

K8FN: Time=13:21 UTC RST=599 / 579 for me Freq.=7.053Mhz
Transmitter=the Heathkit DX-100 (1950s made)
Receiver= the Hammarlund Pro 10 (1936 made)
Antenna=dipole
Key= not known

KO4OP: Time=13:59 UTC RST=559 / 539 for me Freq.=7.060Mhz
Transmitter=not known
Receiver= not known
Antenna=not known
Key= not known

AA8MK: Time=14:15 UTC RST=559 / 579 for me Freq.=7.047Mhz
Transmitter=the Collins model not known , 100w
Receiver= the Millen model not known
Antenna=zepp
Key= not known

I also set up my SKN station with the Hallicrafters HT-18 (1947 made) as a back up and I did not have to operate this transmitter since the Meissener Signal Shifter EX performed well.

For those who are not familiar with SKN, please go to the You Tube website and type in “ straight key night “ so that you will see a list of SKN for your choice to watch.

73.
Hiro Hayahsi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“EXTRA” Earthquakes in Japan

In Japanese: 「2016年ストレート キー ナイト」

毎年、元日に行われる「ストレート キー ナイト」に参加しています。  本年の私の装備は下記のとおりです。  なお、「ストレート キー ナイト」とはいかなるものか、どのように行われるのか等は you tubeウェブサイト を開き、straight key night とタイプするといろいろな動画が現れますので、見てください。 ポイントは昔のハムラジオのCW運用や楽しみ方、使われていた機材、沢山の種類のキー、など懐かしいものが見られます。

私の今年の装備:
送信機:1948年製の真空管式QRP(7ワット) メイズナー シグナル シフターEX
受信機: ケンウッド TS450S (ハリクラフターズ SC-40Bは故障して不動)
キー: 縦ふりアメリカ軍用J-37
アンテナ: 40mフルサイズループ
バックアップとして ハリクラフターズ HT-18 を用意しました。

以下はQSOした局を順に記しました。  QSO出来た局の詳細は上の英語の部分に書いてありますので、日本語の部分では古い機械を使っていた局だけを以下に書きます。 

N4QA 年末にメールでスケデュールを組み、両局が同じ送信機 メイズナー シグナル シフターEX を使って CW QRP QSO を試み、成功しました。

N4QA:
送信機=メイズナー シグナル シフターEX 
受信機=1946年製、RME 45 通信用受信機
キー= アメリカ軍用縦ふりキー J-38

K8FN:
送信機=ヒースキット DX-100 (1950年代製) 
受信機=ハマランド プロ 10 (1936年製)

AA8MK:
送信機=コリンズ モデル不明 100w 
受信機=ミレン モデル不明

コンディションはあまりよくありませんでしたが、40mバンドをずっとワッチしていました。 これからQSLカードを書いて送ることにします。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「おまけ」:  ダグラス マッカーサーの告白  
貴方はマッカーサーを知っていますか?  日本人の方がアメリカ人よりこの人が誰だか知っていると思います。

「ここだけの話ですが」:

私のインターネット利用法について、一部ですが、書きます。  まず、手紙はほとんど電子メールでしています。 QSOの後の連絡などはQRZ.COMにメールアドレスが載っておりますから、大変便利です。 写真や図面なども添付でき、スピードも速く本当に便利です。

朝起きて、コンピュータを立ち上げ、まず、日本の新聞を読み、その日のニュースに目を通します。 私がカナダに来た40年ほど前は、当時は日本のニュースは殆どなく、ローカルのニュースだけで、よほど大きなニュースでないとテレビや新聞で見られない時代でした。 今は本当に便利になりました。

次に、カナダでは日本の本は売っていませんので、いろいろな調べ物をするときには、インターネットが抜群の力を発揮します。  例えば、ラジオに関する答えを探すには何でも見ることができ、配線図やラジオの説明書なども探すことができます。 

歴史の勉強やお料理の作り方、旅行に出かけてみたいところの動画や情報、ほとんどがインターネットで検索でき、その情報は得られます。 人それぞれ興味のある所は違いますが、インターネットには殆ど、100%に近いくらいなんでも見られ、答えが得られます。  ただ、注意しなければいけないことは、嘘もたくさんあり、自分でそれをより分け、正しいものを自分で選び、取り入れなければなりません。 

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ My QRP transmitters, part 3” 「QRP送信機 その3」

2015/12/20 日本語は下にあります。  ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ My QRP transmitters, part 3” 「QRP送信機 その3」

Meissner Signal Shifter EX

Meissner Signal Shifter EX

Hallicrafters HT-18

Hallicrafters HT-18

Eico 720

Eico 720


Today, I am describing my vintage transmitters as part 3. The pictures of these transmitters are shown. I participated in the straight key night (SKN) conducted by the ARRL at the end of December 31 at my local time in the past. I am writing this article for the preparation of the SKN, 2016 showing my set up.

In the up-coming SKN, my strategy and set-up are as follows:
Since the 40m band has been good, I will stay on 40m as the main band and at the day time, I will try the 20m CW. My rigs will be (1) the Meissner signal shifter EX, (2) the Hallicrafters HT-18, and (3) The Eico 720 revised as a QRP. As I described about these transmitters in details in my blog in the past, I will skip to mention the details this time. Please take a look at and up about these in my blog.

Antennas: The 40m loop, the 40m shortened vertical, the 20m bazooka vertical and the 20m triple bazooka. These are all homebrewed.

The keys: The J-37 well known as the American military straight key.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「QRP送信機 その3」

今回は私の使っている古い真空管式QRP送信機について書きます。  私は毎年ARRLの行っている ストレート キー ナイト(straight key night 、SKN)に参加し使っている送信機としても使っています。  SKNは新年元日の日にCWで北米の沢山の局が参加して楽しくオンエアーして行われ、沢山の局が古い年代物の送信機、受信機を持ち出し、昔を懐かしみ、楽しみながら行われます。 私のQTHではローカル時間で12月31日の夜7時(UTC 0時)から24時間行われます。  年代物の器械でオンエアーする局はその準備に時間をかけ(これも楽しみの一つですが)調整し、本番に臨みます。

私は今回、コンディションの安定している40mバンドをメインに日中は20mバンドも視野に入れてオンエアーするつもりです。

運用する送信機は(1)Meissner signal shifter EX、マイズナー シグナル シフター EX(2)ハリクラフターズ HT-18 (3)エイコ720(この送信機はQRPとして約7w出ます) 写真を載せておきますが、私のブログに詳細を以前書きましたので、今回は省略します。  受信機は以前はハリクラフターズ SC-40B(カナダ製)を使っていましたが調整が必要ですので今回はケンウッドTS-450を使います。 

アンテナ: 40mバンド ループアンテナ、 40m短縮バーチカル、 20mバズーカバーチカル、 20mトリプルバズーカ (以上全部自作アンテナ)

キー: J-37 (こちらではアメリカ軍が使った縦ふりキーとして人気があります)

73.

林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

本年、秋に行われた選挙を受け、新しいツルードウ政府が生まれました。  選挙公約でシリア難民を25,000人の受け入れを声明し、12月に入ってからカナダ軍用機でトロント飛行場とモントリオール飛行場に毎日のように到着しています。 私は前にも書きましたが、この人たちは純粋な難民がどうか疑問を感じています。 ドイツに流れ込んでいるシリア難民は良い生活、一段上の生活を求め、ドイツに移動している人もたくさんいるようです。 このような人たちは難民とは呼ばず、移住者あるいは移民と呼びます。

カナダはご存知のように日本から比べると北に位置しており、12月、1月、2月はたいへん寒く、雪は降り、気温もマイナス30度、40度に下がるのは普通です。  着るものも日本の冬用のジャケットなどよりもう少し生地の厚い、作りも冷たい風が入らないようにできているものでないと用を足しません。  日本の冬用のジャケットはカナダでは春か、秋の気温が少し下がった時に着てちょうどいい感じで、こちらの冬には全く用を足しません。  靴もまったく同じことが言えます。  シリアからの人は多分雪を見たことのない人たちでしょうから、この寒いカナダの12月になって入国して、楽しくこの寒い冬を喜んで過ごせないでしょう。

私がもう一つ心配しているのは、これら25,000人のシリアの人たちの中にテロリストが混じってカナダに入って来るかもしれない、そして将来このようにしてカナダに入ってきた普通のまともなシリア人の子供たちが物心がついてテロリストになるのを案じています。  アフリカや中東からカナダ政府が正式に認めた正規の移民の子供たちが既にテロ活動をして、事件を起こしています。  カナダは人種差別を禁じて負いますが、この差別は実際にあるのが現状です。

長い目で見て将来(近い将来も含めて)テロリストの事件が私たちの目の前で、起きることは十分可能性があることです。  また、カナダとアメリカは国境を接していますし、過去にもすでに事件が起こっておりますが、テロリストはカナダからアメリカに行き、事件を起こすことはあるでしょうし、カナダ国内でもテロ活動が容易に起こるでしょう。  この点、私は大変心配しています。

「おまけ」:  インドネシアが世界一の親日国である理由 Indonesia Independence War

I am looking for Mr. Yamirsha Amir, from Jakarta, Indonesia. He came and study abroad in Tokyo, Japan in 1960s so by now he will be 70s and 80s. So if you know his whereabouts, please contact me at ve3cgc@hotmail.com and thanks in advance. My name is Hiro Hayashi immigrated from Tokyo Japan.

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ My QRP transmitters. Part 2 ” 「 QRP 送信機(自作)その2 」

2015/12/04       日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ My QRP transmitters. Part 2 ” 「 QRP 送信機(自作)その2 」

Functioning QRP transmitters   動作QRP送信機

Functioning QRP transmitters
動作QRP送信機

Failed homebrew QRP transmitters 失敗作QRP送信機

Failed homebrew QRP transmitters
失敗作QRP送信機

Today, I am describing my vacuum tube QRP transmitters I built. I show two groups on the pictures, one being operable QRP transmitters and another being QRP transmitters failed to build or not functioning. On my blog in the past, I explained the details of those QRP transmitters so please read it.

Now I like to write about how I gather the parts for the vacuum tube QRP transmitters. As you can imagine, the parts for the vacuum tube rigs are hard to come by and most of them are called as vintage parts, getting expensive. I line up these parts as following manner.

(1) Flee market in town. You need to pay an attention at the flee market not to miss valuable old parts.
(2) Get help from fellow hams for the parts.
(3) Go through the e-bay, occasionally you will come across the vintage parts you need.
(4) When I found a broken radio, broken TV, broken heater, etc. I recover the useful parts from those junk for my future radio projects.

I homebrew and build the QRP transmitters, because the number of parts required is small and still available to find so as to complete my project. It may take time but you will get all parts you need.

Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「 QRP 送信機 その2 」

私は真空管式QRP送信機をよく組み立てました。 今回は過去に自作したこれらの真空管式の写真を掲載します。  まず、作り上げて動作する送信機のグループと自作に失敗したもののグループに分け、写真を載せました。

ご存知のように真空管式送信機の部品はほとんど店には売っておりませんし、昨今、手に入れるのはとても難しくなってきました。  私がこれらの部品をそろえるやり方は次の方法でします。

(1) 私の町で開かれる「フリーマーケット」に行き、気を付けて並べてあるものを注意してみると、古い部品で使えるものが見つかる時もあります。
(2) ハム仲間に協力してもらって部品を分けてもらいます。
(3) インターネットの e-bay で古い部品を見つけ購入します。
(4) 家からでる壊れた電気製品をばらし、中から使える部品を回収します。

私がQRP送信機にこだわる理由は部品の数が少ないので、古い部品でも時間はかかりますが、全部必要なものは揃えられます。 コイル類はほとんど手に入りませんので、巻き数などを計算し手持ちのプラスチックのふたやビンを利用して自作します。 日本では私のやり方では部品は揃えられないかもしれませんがインターネットなどを利用すればまだまだ古い部品でもそろえられます。

73.
林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

下水道について書きます。  私は依然仕事の関係で、約1年、大西洋に面したノバスコシア州のハリファックス市に住んでおりました。  町は湾に面し、1980年代の前半のことですが、町から出る下水は直接湾に流していると町の人から聞きました。  よく考えてみると、今でも下水を海とか川、湖に直接流し、捨てるようなところがかなり多いです。  私の住んでいる町はヒューロン湖に浄化槽を介して下水を流す家や建物がかなり多いのも事実です。  私の町の北には沢山のカテージ(別荘というと聞こえはいいですが小屋です)が無数にあり、下水の処理は上に書いたように処理しているのが普通です。 浄化槽はメンテがいりますが、手をいれてない建物も沢山あると思います。 また、北米の五大湖はアメリカとカナダの国境にあり、状況はもっと悪いと考えています。

また、ご存知のように、アメリカとカナダの国境を作っている セント ローレンス川 が流れており、この川の両岸には沢山に人が住み、大きな都市や町があり、下水処理は上に書いたとおり、似たり寄ったりのところが多いです。  

皆さんもよく知っている ナイヤガラの滝 は今度でかけて観光する機会があれば、注意してよく見てください。 私はひいき目に見ても残念ながら、あまりお勧めできません。

「おまけ」:  ユダヤ人のある一面

Posted in Uncategorized | Leave a comment