“ The Japanese stationery “ 「日本製文房具」

2015年6月19日    日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ The Japanese stationery “ 「日本製文房具」

2015pix 001

I was trained to copy CW by writing down on a piece of paper with a pen and I still do so for about 80% of my CW copy. I like the BIC ball point pen and the CROSS ball point pen to use for this task because they are excellent from my point of view. Also I came across Japanese stationery for good quality and reliable performance.

“The development and invention of Japanese stationeries “

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“ EXSTRA” The CHIN DON YA san
The CHIN DON YA san was so popular in Japan in late 1950s and 1960s as an advertiser. They are a group of people playing music instruments such as drums, clarinet etc, normally three to five members, advertizing a newly opened store in a small town section. From my view, they are so unique and fun to watch. Please enjoy their performance.

In Japanese :   「日本製文房具」

私は1975年、1976年カナダ、アルバータ州のカルガリー市でハムラジオの初級、上級ライセンスを取りました。  CWの練習ではテープを聞きながら紙にボールペンでコピーして書くのですが、上級では20 WPM以上でコピーできないと合格しませんでした。  今でも、CWの受信では紙の上にペンで書きとります。  日本のボールペンは品質も性能も最高で、気分良くいつでも書けます。  アメリカ製のボールペンでは私の好みでは、BICとCROSSのボールペンが書きやすいと思っています。

日本の文房具は常に進歩しています。  新しい試みや新しい製品が発売され、マーケットに出てきます。  もちろんこれらの新製品はこちらでも店で買うことが出来ます。  大変ありがたいことです。  日本製の素晴らしい文房具を上の英語のところのURLをクリックして見てください。 日本の物づくりの心が新製品を作り、よい物を作りだすようです。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

はやいもので、私はカナダにもう50年近く住んでいます。 今回は普段生活していて違和感を持っていることで書きます。  まず、私が不思議に思うことは台所でまな板を持っている人も少ないし、必要と思っている人も少ない気がします。 私がカナダに来た時、1960年代、1970年代では、私はまな板は台所では当然必要で、持っているものと考えていましたが、実は、ヨーロッパから来た人達はほとんど持っていなかった人が普通でした。 ジャガイモなどはナイフで皮を手でむき、細かく切る時は、台所の平たいところで、まな板を使わず、切るようでした。 当時、まな板を売っている店は本当にすくなかったように記憶しています。  普通売っていませんでした。  当時、私は建築中の家の大工さんに頼んで、2in x 6in の板を長さ30cmくらいに切ってもらい、ただでいただいた記憶があります。 最近はお店でプラスチック製のまな板を売っていますし、いろいろなサイズのものが買えます。 

最近、カナダはインフレが結構ひどく、お年寄りの人数も増え、家でお料理を作って食べる人が減ってきましたし、町のお店で食べたほうが値段的には、安い時もあり、外食する人が増えています。  その結果、冷凍食品はよく売れています。 ちょっと火をとおせば食べられるものが良く売れているようです。 パンとかインスタントラーメンに類するような簡単に食べられる食品が良く売れています。 同時に、台所で使う、フライパンとかナイフなどは大分売れ行きが少なくなったようです。 その結果、台所用品を売る専門店は閉店に追い込まれるケースが増えています。  時々出かけるショッピングセンターにあったナイフ専門店(ゾリンゲンのナイフを買ったお店)も先日出かけた時には閉店しており、ありませんでした。 台所用品を売る専門店は高級の瀬戸物類(例えばノリタケチャイナ)、ステーキ用ナイフセット、持っていると便利な台所用品や少し特殊な台所用品はもう手に出来ない、あるいは、手に入りずらい時代となりました。 

最近の傾向としては、インターネットで購入するようで、これら台所用品もこのような買い方をする人が増えているのではないでしょうか。

「おまけ」   インドネシアの国歌 
The Indonesia national anthem (Indonesia Raya)
This national anthem was played by the Toyama prefecture police force in Japan.

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ The 20m Bazooka Vertical “ 「20m 垂直バズーカ アンテナ(再記述)」

2015/06/05     日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ The 20m Bazooka Vertical “ 「20m 垂直バズーカ アンテナ(再記述)」

BazookaVertical

20m bazooka vertical

20m bazooka vertical

I homebrewed a 20m bazooka vertical antenna in 2003 and my article of designing and making it was published in the Japanese CQ ham radio magazine in March, 2004 issue. Last year after about 10 years of use, I reworked and rebuilt it. My articles of the work were up-loaded in my recent blog, 2013/10/08 and 2013/10/09, for your view.

I am trying that this article is described the information of making it. Since the antenna has performed well and it can be homebrewed easily, I am up-loading it again.

Please refer to the bazooka vertical schematic (please click it to enlarge to view). The main element has a built in coax cable which is called a stub. The outside conductor of the coax cable and the top element will act as a quarter wave length. The coax cable acts as a quarter-wave shorted stub which presents very high impedance to the feed point at the resonance. At frequencies off resonance the stub reactance changes in such a way as to tend to cancel the antenna reactance, thus increasing the bandwidth.

The schematic shows an example calculation for the design frequency of 14.100 Mhz and this antenna can be performed at the other HF band frequencies. Building this antenna is easy as shown in the schematic. I will leave it with you as to how you homebrew this antenna. The water proofing is highly recommended at the connected points for long time use.

73.
Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“ About Japanese SUSHI “

In Japanese: 「20m 垂直バズーカ アンテナ(再記述)」

私の自作したアンテナ、20m 垂直バズーカはCQ誌 2004年3月号に掲載され、2013年SWRが高くなったため、取り外し、分解し、再整備いたしました。  これについては私のこのブログの2013年10月8日、9日にのせてありますので、参照してください。

動作原理について説明します。  添付の配線図、The Bazooka Vertical , を見てください。  図をクリックすると大きく見られます。  垂直エレメント部には電気的に1/4ラムダーの長さ(図面の C )の同軸ケーブルを組み込み、スタブとして動作します。 この同軸ケーブルは設計周波数(共振周波数)で給電点において非常に高いインピーダンスを生じます。  また、共振周波数より外れた周波数ではこのスタブが動作し、アンテナ リアクタンスを打ち消すように働き、SWRは低くおさえられ、従ってバンド幅が広がります。

配線図では設計周波数 14.100Mhz でアンテナ各部の長さを計算する例を示していますが、他のHFの周波数でも設計でき、所期の効果が得られるアンテナが作れます。 配線図をクリックすると大きくなり、よく見られます。 15mバンドではかなり広いバンド幅で動作します。 アンテナ自体は簡単ですので、各自工夫して自作してください。 出来上がったら防水処理を接続点にすると長い期間十分使えます。 質問があれば私にメールをください。

73.
林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」

今回の初めのお話は最近、カナダのバンクーバー市から若い人たちが町には住めなくなって町から出てゆき、人数が少なくなっているというニュースが流れました。 以前、私も書きましたが、カナダ、アメリカの主要都市に支那からの値上がりを期待して住宅、土地などの不動産が沢山買われています。 バンクーバー市は歴史的に1870年代からカナダ大陸横断鉄道建設のため、大量の支那人が入ってきました。 従って細かい情報、重要な情報が支那に入りやすい環境にあります。 

聞いた話ですが、バンクーバー市の一般の住宅の平均価格は一軒約1億2千万円だそうです(この価格はすでに常識を逸脱しています)。 これは沢山の支那人が購入しているため、取引値段はカナダ経済に関係なく上昇しています。  普通の若い人たちは時給1千円くらいで働いていますから、アパートなどの家賃も払えないくらい高い家賃となり、従って若い人たちが得られる給料ではバンクーバー市に住めなくなっていて、結果として、若い人たちが市内には経済的に住めなくなり、町から出ていく現象が起こっているわけです。  

カナダのバンクーバー市に今起きていることはカナダの他の都市にも起きている問題です。 トロント市、カルガリー市などではすでに同じような問題が、程度の差はありますが、現在起こっていることですし、カナダの都市でも、今起きていなくても、これから起こることです。  誠に恐ろしいことです。 

次のお話は5月15日にアメリカのテレビニュースで報道されたのですが、「お寿司を食べることは危険です」と報道されました。 私の住んでいる町は人口約8万人の小さな田舎町ですが、日本人の経営している日本食レストランは無く、その代わり、中国人、韓国人の経営している日本食や寿司が食べられるレストランが現在3軒あります。 こちらでは日本食のレストランの看板をあげていても日本人が経営しているレストランは本当に少ないのです。 このことは北米大陸ではごく普通です。

本当の日本食はかなりの食材を日本から持ってくるため材料費も高く、日本人の板前さんを雇っていれば、当然コストは高くなり、採算は合いにくくなります。  ところがこの点に目をつけた韓国人、中国人がいい加減な知識で安い食材を扱い、例えば、よく手を洗わないとか、なまの魚の取り扱いも不適当、不衛生などなど、日本食、寿司に似たものを堂々とテーブルに出し、お客に高い値段を請求するのです。  また、お客の方も本物の日本食やお寿司とはどのようなものかほとんど知らない人が多いので、テーブルに出てきたものを疑いもなく食べるのです。 お客の方も、韓国人、中国人は同じ顔をしていて見分けは出来ません。 このような環境ですので当然食あたりとか、生で食べると危険な魚もテーブルに出てくる可能性は高く、冒頭に書いたように 「お寿司を食べることは危険です」 と報道されるわけです。  お寿司やさしみを食べる時は、日本で食べ、外国では一切、手をつけないようにしましょう。

「おまけ」:  素晴らしいロシアのダンスを見てください。 I liked this video because the dancers practiced the dance very well. The dancers look to be beautiful dolls wearing pretty costumes. The music being played sounds like from a music box. Everything is superb.

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ Plastic Food Samples“ 「 プラスティック食品サンプル 」

2015/05/22        日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ Plastic Food Samples“ 「 プラスティック食品サンプル 」

GRC109

GRC109


GRC10903

When you visit a restaurant in Japan, at the entrance the main dishes being served made by plastic are displayed. So you will visually see and get an idea for what food and how the food will come out on a plate to you for most of the cases.

The Plastic Food Samples:

Making plastic food samples:

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

In Japanese: 「 プラスティック食品サンプル 」

日本のレストランで食事をする時には、殆ど、店の入り口にどのようなものが食べられるかプラスチックで出来ているサンプルが出ています。 とてもおいしそうに作られていて、どれを注文しようか迷うほどです。 カナダ、アメリカではレストランでこのような配慮をしている店はありません。  せいぜい、店のメニューが入口にあって読めるようになっているくらいで、配慮の点では日本のレストランとは比較になりません。 注文してテーブルに出てきた料理にがっかりする時も何度かありました。

「海老フライを作りましょう。」

「レタスを作ってみましょう。」

73.
林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」
最近よく私の町のスーパーで目にすることを書きます。  私達夫婦はもう引退し静かにカナダの田舎の町に住んでいます。 二人の子供はもう一人前に育ち、家を出てゆきました。

私達は町のスーパーに1週間に1度くらい食品を買いに出かけます。  カナダは近年、物価が一段と上がり、食料品の値段は目が飛び出るほど高くなりました。 以前申し上げましたが、バーベキューで焼いて食べる肉(ステーキ肉)が1枚何と約2000円くらいとなり、普通の家庭では家族全員で食べるには高すぎて買えない状況です。 以前はお天気のいい日にはどの家庭でもバーベキューで肉を焼く煙でもうもうとしていました。 週末にはどの家からも毎週のようにステーキ肉を焼いて家族全員で楽しんだものです。 最近は、バーベキューの煙はせず、肉を焼くにおいも全くしてきません。 バーベキューの炉も店で売れなくなったことでしょう。 

話を元に戻しますが、先日スーパーで見たことですが、お年寄りの買っているものの中身が以前とだいぶ異なっています。 まず、お料理をせず、時間をかけずに食べられるものを買っています。 パン、果物類、冷凍食品、半分加工してある食品で少し火を通せば、あるいはマイクロウェーブオーブンで温めれば食べられるようなものを買っています。 お年寄りですから仕方がないところもあるでしょうが、食品に使えるお金も限られているのもあるでしょう。 (一方、宝くじを沢山買って、1回に、5千円、1万円とお金を使うお年寄りを良く見かけます。)

若い夫婦で小さい子供が2人、3人いる家族では、1回に買う食料品の金額も大きくなります。 かといって無制限にはお金は使えず、大変苦労して買い物をしています。 若い奥さんたちはお料理はあまりしないようで、カンズメ類とか、果物類、パン、お菓子類、冷凍食品類、肉類もひき肉など安めのもの、簡単に調理できる麺類等がカートの中に沢山入っています。 1回に使う金額も2万円くらいは最低使っているようです。 誠にこれら若い夫婦の人達に同情します。  

最近、もう一つ私が気がついたことは、貧富の差が目に見えて感じられます。 若い人たちは十分な収入を得られる仕事が少なく、両親の住む家に戻ってきて、両親と一緒に住みケースが増えています。 若い人たちは少ない時間給で働かざるを得ないケースも増えています。 日本でも非正規雇用で働く人たちが当たり前の世の中になっていますが、これは日本の社会にも、日本の将来にとっても問題があります。 アメリカの社会がいい例です。 アメリカの会社の上層部の人達は年収何憶円も取り、若い人たちは時給1000円くらいで働かざるを得ず、社会全体が大きく歪んでいます。 何かが起こると暴動も起こっています。 アメリカでは人種問題も深刻ですので、大変なことは次々に連発します。 日本も、私の目からすると、全体の方向はこれに似ています。 もう少し日本人本来の考えに立って将来に向かってほしい物です。

「おまけ」   :  ドラゴンクエスト作曲者が語る、目からうろこの君が代 

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“My second micro switch straight key“ 「マイクロスイッチ縦ふりキー2号機」

2015/05/01          日本語は下にあります。  ve3cgc@hotmail.com

Subject: “My second micro switch straight key“ 「マイクロスイッチ縦ふりキー2号機」

microswitch key no.2

microswitch key no.2

MCROSW2号key 003

mcrosw 003

I homebrewed my first micro switch straight key on Oct. 2014 and up-loaded the article on my blog in November, 2014. The key has been working well so I used it for everyday CW contact since October. I came across a slight deferent micro switch and parts I needed for the second key in my parts box. I bought a new draw knob for about one dollar at the hard ware store.

The second key has a little bit hard touch for pressing and releasing and it is a good key.

73.

Hiro Hayashi, VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

EXTRA: “The rice cookers” At present, I use a new IH rice cooker I bought in Tokyo. In 1953, Mr. and Mrs. Minami started the research, development and designing the electric rice cookers. They did very good job and I appreciate their efforts and spirits of creating new product in Japan.

“How to Use a Rice Cooker”

In Japanese: 「マイクロスイッチ縦ふりキー2号機」

マイクロスイッチ キー2号機

マイクロスイッチ キー2号機


2014年11月にマイクロスイッチを部品を入れている箱で見つけて、試しに縦振りのキーを自作しました。  ほとんど毎日のように使っていますが、約6ヶ月の間、全く問題なく、しかも打つ感じが柔らかく、自分では気に行って使っています。

今年になってから、物のタイプのマイクロスイッチを見つけたので、2号機を作りました。 今回使ったマイクロスイッチは1号機に使ったマイクロスイッチより押した時は固く感じられました。  出来上がって使ってみると、若干固さを感じますが、十分問題なく使えるものでした。  今回買った部品は引き出しに付ける つまみ(約100円)だけでした。  残りは手持ちの部品や廃品を利用しました。 

私のデザインは実用にはなりますが、見栄えはしないのが欠点です。 皆さんも自分で工夫し、1台自分だけのキーを自作してみてはいかがでしょうか、たのしいですよ。 

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」

世界の大富豪者のリストの上位にアメリカ人が複数人います。 アメリカでは今、貧困の人々が増え、大きな問題となっていますが、これらアメリカの大富豪の人達はアフリカの人々に手を差し伸べているニュースが頻繁に報じられています。 それはそれとして意義のあることでしょうが、アメリカ国内に助けを必要な人たちが沢山おります。 やはり自国の人々にまず、初めに手を差し伸べるのが本当ではないでしょうか。

アメリカの学校では朝食を食べずに登校する子供たちがいますし、昼食を食べるお金のない子供たちもかなりいることも報道されています。 また、文房具を十分買ってもれえない子供たちも沢山いるのは事実です。 私が聞いた心の痛む話は兄弟二人の課外教科があり、親御さんは一人分のお金しか無く、一人だけ参加したとのことで、全くむごいお話です。 以上の状態はカナダでも同じように言われています。  

カナダでは最近物価が高くなり、例えば、ステーキの肉が一人前、約20ドル(約2千円)もしますので、家族4人では約80ドル(約8千円)にもなり、とても財布から出せるものではありません。 スーパーに食料品を買いに行く家族、特に若い夫婦で育ち盛りの子供が2,3人いる所では1回の買い物に使う金額が最低1万円以上から2万円になるのはごく当たり前になっています。 昔はもっと余裕のある世の中でしたので、今の若い子供のいる夫婦は本当に大変と思います。

日本でも最近、生活保護を受けている人が増えておりますが、北米でも状況は同じです。 クリスマス近くになると教会関係の人達が中心となり、クリスマスをお祝いする七面鳥の食事をホームレスの人達や生活保護を受けている人たちにふるまわれます。  また、フードバンクと言われ、食料品を毎週、生活保護を受けている人たちなどにわけることが良く行われています。 

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

おまけ:   「パラオで触れた大御心」   4月8日、天皇陛下、皇后陛下、両殿下はパラオをご訪問されました。  私にはとても感動した動画です。 

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ Watches and Clocks “ 「日本製の時計」

2015/04/17         日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject: “ Watches and Clocks “ 「日本製の時計」

My watches

My watches

My watches

My watches

I have been using SEIKO watches since I was a junior high school student. It is however that the time has been changed and I am using SWISS watches with a Japanese assembled crystal quartz movement at present.

Watches and Clocks

How a quartz watch works

As I am retired, I do not have to wear a wristwatch every day. I love to wear my SEIKO quartz watch because it is very accurate.

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

EXTRA: The Seikan Tunnel

In Japanese:
「日本製の時計」

私が初めて腕時計を母から買ってもらったのは私が中学生に入った時でした。  当時はゼンマイ巻きで、文字盤は夜光塗料がぬってあり、暗いところでも時間が読めるセイコーの腕時計でした。 初めての時計でしたから、とてもうれしかったのを覚えています。 その次の腕時計は自動巻きのものでした。 それから大学を卒業し、自分で働き得たお金で当時2万5千円くらいの腕時計を買った記憶があります。 この腕時計は今でもカナダに持ってきて大事に箱に入れて保存しています。 時々動かしてみますが、今もって正確に時を刻んでいます。 最近の腕時計は電池式のクオーツのものを4個持っています。 このうちセイコーの腕時計は3個で私には使いやすく、クオーツの時計は実に正確です。 今は引退し、家に居ますから、外に出る時だけ時計をします。 私は日本製の時計は世界一素晴らしいものと考えています。 今でも腕にはめている時計は セイコー です。

SEIKO 腕時計/クロノグラフ/開封・紹介

初心者向け電池交換用工具9点セット

林 ひろ  VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

今日は少し困ったお話をします。 アメリカでこのところ半年くらいの間に、白人の警官(複数人の時もありました)が黒人をピストルで射殺したり、捕まえてから踏んだり蹴ったり殴ったりして殺したり、首を絞めて殺す事件がありました。 日本の新聞にこの記事が出たかどうか、私は知りませんが、アメリカのテレビニュースでも、カナダのテレビのニュースにも大きく報道されました。 黒人たちが多数でデモをして、警官とぶつかりました。

以前、私のブログの「ここだけの話ですが」にもアメリカの警官の職務質問に逆らったためひどい仕打ちを受けた白人の複数のケースについて書きましたが、アメリカやカナダでは警官には逆らっては大変なことになることをおぼえておいてください。

アメリカで起きた最近のケースでは、警官に職務質問とか、拘束されるとき、脛に傷を持っている黒人が多いような気が、私にはいたします。  これはあくまでも第3者としての私の意見です。 私はデトロイト市に近いところに住んでいて、テレビのニュースもデトロイト市の放送局から放送されるものを見ておりますが、黒人が起こす事件はかなり多く、あるいは、事件が起こると黒人が関係している場合は多いことも事実です。

また統計の数字ですがテレビのニュースで白人より黒人が警官に職務質問を多くされたり、車を運転していても、止められ免許証の提示や質問を受けたりするケースが、黒人の方が多いという数字が出ています。 この傾向はカナダでも同じのようで、部が悪いのは黒人の方です。 カナダでは昔アメリカ南部から奴隷解放の時代に、国境を越えてカナダに逃れてきた黒人も居ります。  また、最近ではカリブ海地方の島国やアフリカからカナダに移住してきた黒人も沢山住んでおり、このような人たちが標的となる時もあるのは事実です。

もうひとつよくニュースに上るのは殺人事件の犯人として刑務所に20年、30年と服役中の黒人が、実は無罪で刑務所から出てくるケースが時々あることです。 ハイテクによる操作方法の進歩で捜査中得られた証拠が見直され、例えば、DNAや医学的証拠でくつがえされ、無実が証明されて、刑務所から出られる、つまり冤罪が証明されるケースです。 これは昔、黒人に対する人種差別がごく普通に行われていたことを意味し、昔はそうだったのです。 もちろん、不運にも冤罪が晴れずにそのまま刑務所で死んでいった黒人も沢山いるはずです。

アメリカでは歴史的に人種差別は、私の意見としては、今でもはっきりあります。  むしろ、このところ一段とひどくなったと私は思います。 法律では人種差別は禁じられておりますが、現実の社会ではまだまだ存在しているのは、残念ながら、事実のようです。

おまけ:  三味線とかわいい女の子のユニークな組み合わせ、歌はうまくありませんが、とても新鮮でした。  三味線は上手ですね、頑張れ!!!

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ My urgent message “

2015/04/10 ve3cgc@hotmail.com

Subject “ My urgent message “

As a blog owner and operator, I am allowed to access and check who viewed my blog and how many views were made. On April 8th, 2015, the following 111 views were made and I would like to express my sincere appreciations to the viewers in the world.

Japan 45
Indonesia 33
Mexico 11
Spain 5
Germany 3
Finland 3
Greece 3
Romania 2
Columbia 2
Russia 1
Poland 1
Argentina 1
Puerto Rico 1

I also express my great appreciations to Americans and Canadians since they are frequent viewers every day. The cumulative number has been reached for exceeding 80,000 in April in 2015.

Thanks all.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

Posted in Uncategorized | Leave a comment

“ The knots for hams ” 「アンテナのロープの結び方」

2015/04/03 日本語は下にあります。 ve3cgc@hotmail.com

Subject:  “ The knots for hams ” 「アンテナのロープの結び方」

knot

knot

My antennas I am using at present are listed below. They are all homebrewed.
(1) A 40m loop
(2) A 20m triple bazooka
(3) A 15m triple bazooka
(4) A 20m bazooka vertical
(5) A 6m triple bazooka
(6) Pocket verticals for 40m, 30m, 20m and 15m band for portable operation.

I am very interested in designing and homebrew antennas. Today I am writing about the knots for rope useful for radio hams that I am using for my antenna maintenance and installations.  The rope I use is made of polypropylene and the diameter is 6mm. The material of this rope is not the best choice but it will last for about 2 to 3 years from my experience and it did stand against the Hurricane Sandy on Oct. 2012. The max working load of the rope is 150kg (330pounds).

The knots I use and recommend are as follows. Please click it to view.

(a) Bowline knot

(b) Two half hitches

(c) Square knot

I have a book titled as “ Pocket Guide to Knots & Splices “. On internet there are many useful URLs related to the knots and splices. I encourage you to explore more knots and splices that would be suitable in your situations and requirement.

73.
Hiro Hayashi VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

“ EXTRA”   Digital Cameras

In Japanese 「アンテナのロープの結び方」

カナダの冬は長いので、毎年私は冬のプロジェクトを決めて、主に自作となりますが、シャックの中で時間を過ごしています。  特に私は自分で使うアンテナを考えて作るのが楽しみです。 現在、裏庭にあるアンテナ(すべて自作です)は以下の通りです。

(a) 40mループ
(b) 20mトリプルバズーカ
(c) 15mトリプルバズーカ
(d) 20m垂直バズーカ
(e) 6mトリプルバズーカ
(f) ポケットバーチカル 40m, 30m, 20m and 15m バンド(移動運用).

毎年、春になるとこれらのアンテナをチェックし、夏の終わりには冬を越せるように修理などして手を入れます。 アンテナはロープで吊るのですが、ロープを結ぶのには以下の結び方が便利ですので、ゆっくり見て、練習し、試してみてください。 私の使っているロープは直径6mmの材質ポリプロピィレン(決して一番良い材料ではない)で太陽の光で若干劣化しますが、3年くらいは持ち、2012年10月のハリケーン サンディーにも持ちこたえましたので、十分強度はあります(張力150kgまで)。

(A) Bowline knotもやい結び

(B) Two half hitchesふた結び

(C) Square knot 本結び

私はロープの結び方の本を1冊参考書として持っていますが、You Tubeでいろいろな結び目を見る方がとても参考になり、薦めます。 上の三つの結び目は私が今まで使って簡単で基本となるものですので、練習し、おぼえると便利です。

73.
林 ひろ VE3CGC ve3cgc@hotmail.com

「ここだけの話ですが」:

お年玉についてカナダで経験したお話です。  私のところでは日本に出かけた時に私の妻はお年玉を入れる紙のきれいな袋を買ってきます。 私達の子供にはいままで毎年お正月にお金を入れて、お年玉として日本の習慣を説明しあげていました。 子供たちもお年玉がもらえることを毎年楽しみにしていたようです。 いまでは私達の子供たちも大きくなり、仕事につき、家から出てゆき、遠くに住んでいます。  中国人に尋ねたところ、中国にも同じような習慣があるようですが、日本のようにきれいな紙の袋に入れてあげるということはしないそうです。

私達の子供たちも家から出ていなくなり、私の妻はお年玉を毎週練習に出かけるテニスのインストラクター(先生はアメリカ人で、室内テニス場はミシガン州にあり、カナダから国境を越えてゆきます)に1月の第1週のレッスンに行く時、今まで子供たちにあげていたように、少額のお金をお年玉の袋に入れ、お正月のお祝いにあげています。 アメリカ、カナダではお年玉の習慣がありませんので、はじめは大変珍しがられました。 今では、インストラクターたちにこれが習慣として定着し、毎年1月のお正月を楽しみに待っているようです。 本年はカナダではとてもお天気が悪く、雪が沢山降り、気温も低い日が続き、私達のテニスは1月中は出かけられず、2月になってから初めてテニスに出かけられる状態で、インストラクターの間では大変な騒ぎになっていたようです。  2月になって初めてテニスに出かけた時は大変な歓迎を受けました。 

私の妻はもう一つこのお年玉の袋を家に来た修理をしてくれる若い人たちに ラッキマネー(幸運のお金)といって、1年中いつでもあげています。  若い人たちに元気をつける意味もあり、私達の感謝の気持ちを伝えるためでもあります。  修理のため家に来る若い人の中には、車で片道250kmも走ってくるに人もいて、朝、早出し、一日がかりの仕事ですし、片道250kmも走ってくるときは、途中でコーヒーも飲みたくなるだろうし、トイレ休憩も必要ですし、そんな時に使ってもらえるお金にもなるし、有効に使ってもらえます。

SK: VE3FBH, Frank Baugh Frank did help me very much for supplying me with his vintage parts, tubes, wires, books etc. When I started building my first QRP tube transmitter, he brought me all parts needed. Thank you so much Frank for taking care of me well and I am very sad I lost you.

おまけ:   「蛍の光」 昔はよく歌われました。 私の知らない歌詞も含んでいます。

Posted in Uncategorized | Leave a comment